ファッショナブルなグルメ番組「どやメシ紀行」はYouTubeでも視聴可能!


「どやメシ紀行」という番組をご存知だろうか。
ケーブルテレビ局J:COM加入者が視聴できる、J:COMチャンネルのグルメレポート番組。
内容は、ナビゲーターが関西を中心とした飲食店(いわゆる “せんべろ” 系が中心)で、ただ飲み食いするだけ(!?)。
「孤独のグルメ」や「吉田類の酒場放浪記」の関西版といって良いだろう。

当初は関西のみの放送だったが、評判が良かったようで、最近は各地でも視聴できるようになったらしい。

スポンサーリンク

どやメシ紀行とは…

公式ウェブサイトの概要欄には、こう書かれている。

どやメシ紀行とは、僭越太郎が心より美味しいと思えるお店を紹介し、
心より美味しいと感じた時に「どや!」と叫ぶ番組である。

渾身の一皿。人に勧めたい一品。わざわざ飛行機・新幹線に乗ってでも食べに行きたい料理。
とかく本当に価値ある「食」の情報が見えてこない現代だからこそ
我々は敢えて徹底的に「どや?」にこだわります。
目の前の人に「どや?」と問いかけたくなる、つい「どや顔」になってしまう自信を持っておすすめできる、
そんなパーソナルな「食」。万人受けはしないかも知れませんが、
共感する人にとっては最高の味を番組では紹介致します。

僭越太郎とは…

どうやら関西(和歌山?)で建設業を営む、ただの素人であるようだ。

僕が彼を知ったのは梶原由景氏のブログだ。
梶原氏のブログでは以前から、“僭越さん” としてよく登場していた。
この番組を知ったのも、ほぼ毎日チェックしていたこのブログだ。

梶原氏は元BEAMS・クリエイティブ・ディレクターで、現在はクリエイティブ・コンサルティングファーム “LOWERCASE” を主宰している、ファッション業界では超有名人だ。
この番組の企画・プロデュースもしており収録にも参加していることもあるようで、たまにオープニングなどで見え隠れしていることがある。
そのあたりも見どころのひとつといって良いだろう。

番組の見どころ

紹介するのは関西のお店が中心。
しかも高級有名料理店とかではなく、下町の小さなお店が多い。
とにかく僭越太郎氏が呑んで食べて、「どや!」というだけの15分番組。

ただ、さすが梶原由景氏の知人というだけあって、僭越氏はけっこうオシャレ。
僭越氏はふつうのオッサン(←失礼)なのだが、服のサイズ感・色使い・ウオレットチェーンなどの小物の使い方まで、ことごとくアカ抜けている。
番組プロデューサーが梶原氏なので、スタイリストも兼ねている可能性はある。
しかし僭越氏に着せられている感はまったくなく、完璧に着こなしている。

もともとアパレル関係の人で、そのきっかけで梶原氏と知り合ったのかもしれない。

まとめ

前述のとおり本来はケーブルテレビ番組なんだけど、YouTubeでも見ることができる。

配信しているのはtv11ch、J:COMなので他の番組も混在していて分かりにくい(再生リストを作ってくれればイイんだけど…)。
公式ウェブサイトでも、2011年以降の過去作品をすべて見ることができるので、こちらの方が良いだろう。

気になった方は、ぜひ一度ご覧になってみてはいかがだろうか。
ふつうに面白いよ。


こちらの投稿もいかがですか

鉄ちゃんでもなくテレビもあまり見ない僕が、それでもたまに見ている鉄道番組2選
僕は出不精ヒキコモリなので、自分から旅に出ることはほとんどない。 仕事で出張か、人に誘われて旅行するくらいだ。 しかし遠出するこ...
スポンサーリンク