結局原点に戻る再び!?「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」購入!


この何年かGUのサコッシュを愛用していた。
iPad miniやKindleを持ち運ぶのにちょうど良い大きさで、とても使いやすい。

EDC 2021 春【軽装備編】

しかし容量に限界がある。
特にこれからの季節、必需品になる無印良品のステンレス保温保冷マグを入れると、もうiPad miniやKindleなど他のものが入らなくなる。

真夏の必需品!? 無印良品の「ステンレス保温保冷マグ 350ml」購入!

もう少し大容量のバッグが必要だ。

そこで、以前愛用していて処分してしまったグレゴリーのテールメイトSを、再び購入することにした。
今回購入したのは、モノ系ファッション雑誌Beginが別注している「“隠レゴリー”テールメイトS」だ。

 

スポンサーリンク

Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS

最大の特徴は “隠レゴリー” の名のとおりGREGORYのロゴがあるべき場所にないことだ。

しかし、その独特の楕円形ボディーと、革のジッパータブでテールメイトSということが分かる。

背中に当たる裏面のメッシュが、以前のモデルはラバー素材だったのが、布素材(?)に変わっている。

これは腰にウエストバッグとして装着するより、ショルダーバッグのように肩に斜めがけする人が増えてきたからの変化か。

メインコンパートメント内部、背面側にはクッション素材製のポケット。

表になかったGREGORYのタグがここに。
スマートフォンを入れておけば、着信があった時に振動が背中に伝わる。

メインコンパートメント内部、表側にはジッパー付きの大きなメッシュポケット。

モバイルバッテリーやイヤホンなどの小物類を入れておけば、内部で迷子になることはなさそうだ。

メッシュポケット内部には、フック付きのコード。

キーリングなどを付けておけば、これも迷子にならない。

別注限定サコッシュ


おまけ、というには豪華なグレゴリーの別注限定サコッシュが付属している。

大きさは、160×120mmといったところ。

パスポートを入れるのに、ジャストサイズだ。

フラップを開くと、メインとジッパー付きの2つのポケット。

背面にもポケットと、コンパクトなボディー内に全体で3つもポケットがある。

これは単品では販売されていないようなので、Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトSを購入しないと手に入らないようだ。

まとめ


▲ いつものように自分カスタム。詳細は次回。

これでiPad miniと保温保冷マグを持ち運ぶことができる。

表にブランドタグがないだけで、ずいぶん印象が変わる。
まるでユニクロや無印良品のようだ。

テールメイトSは8リットルの容量がある。
下着とソックスを詰めておけば、1〜2泊程度の旅行・出張も可能。
韓国や台湾くらいなら、別注限定サコッシュをパスポートケースにして、この2つで海外旅行にも行けそうだ(早くふつうに行けるようになると良いね…)。
GUのサコッシュより守備範囲が広い。

コンバース オールスター ライトOXといい、一度処分したにも関わらず再び必要になり、購入するものがある。
そういうものが、自分にとってほんとうに必要なものかもしれない。
ほとんどのものは、再購入が可能だ。

結局原点に戻る!? 軽くて履き心地も良い「コンバース オールスター ライト OX」購入!


こちらの投稿もいかがですか

購入した「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイトS」。 ▷ 結局原点に戻る再び!?「Begin別注 “隠レゴリー”テールメイト...
スポンサーリンク