Amazon Fire HD 10は、Fireシリーズの決定版!?


Fire 7(2015)が発売され、続いてFire HD 8(2016)がリニューアルされた。
次はリニューアルされるだろうと思っていたら、新型Fire 7(2017)とFire HD 8(2017)がリリースされた。

買いか否か!? 新型Amazon「Fire 7」「Fire HD 8」リリース!

これは売り切って廃番にするつもりか、と思っていたら突然リニューアルされた。

「Amazon Fire HD 10」だ。

スポンサーリンク

Fire HD 10 タブレット(Newモデル)

旧モデルと、どこが変わったのだろうか。
Fire HD 8と合わせて、スペックを比較してみよう。

まず目を引くのが同じ10.1インチながら、ディスプレイの解像度が1,280×800(149ppi)から、フルHDの1920 x 1200解像度(224ppi)に強化されていること。
さらに、プロセッサが1.8GHzのクアッドコア、RAMが2GBと強化・倍増されパフォーマンスが旧モデルと比べ30%アップしているという。

一方でカメラが500万画素から200万画素にスペックダウンしているが、もともとがおまけのような機能なので問題ないだろう。
またFire HD 8と同じく、ジャイロスコープが非搭載となったが、これも通常の使用では不都合なさそうだ。

価格も旧モデルは16GBタイプで29,980円だったのが、32GBタイプで18,980円と大幅に値下げされている。
さらにAmazonプライム会員であれば、いつもの(?)4,000円引きに加えて、10/17までの予約購入で770円分のAmazonビデオ用クーポン券がプレゼントされる(旧32GBタイプも現在40%OFFの19,788円で発売中)。

発売は2017年10月11日(予定)で、現在絶賛予約受付中だ。

新機能「For You」

FireHD 10はホーム画面に、新パーソナライズ機能「For You」が追加されている。
KindleやAmazonビデオ、ミュージックなどの使用を中断しても、スムーズに再開できる機能だ。

さらに、様々な使用履歴からコンテンツを横断して、ユーザーに最適なコンテンツをオススメしてくれる。

For Youは、既存のFireシリーズにもOSのアップデートで搭載される予定だ。

まとめ

全体的なスペックアップで、Fireシリーズの最上級モデルになった、といって良いだろう。

10.1インチで500gなので外出時に持ち歩くには少し大きすぎるが、自宅用のパーソナルコンテンツビュアーとしては性能とコストパフォーマンスで、タブレット選びの最適解のひとつになりそうだ。

外出用はFile 7やHD 8、自宅ではHD 10という使い方も、同一アカウントでログインしていれば履歴が同期されるので、どちらからも続きを見ることができる。
File 7かHD 8と、HD 10の2台買ってもAmazonプライム会員なら2万強なので、サイズ違いで追加購入という選択肢も出てきそうだ。

ジャイロスコープ搭載の旧Fire HD 10は、在庫あるのみだ。

スポンサーリンク