ポップでレトロなBluetoothヘッドホン「JLAB AUDIO Rewind Wireless Retro Headphones」

JLAB AUDIO レトロヘッドホン
iPod以前は、外出時に音楽を聴くのはWALKMANタイプの、カセットポータブルプレイヤーが主流だった。
僕はパナソニックのShockwave派だったのだが、それらには必ずといってよいほど、チープなヘッドホンが付属していた。
音質はそれなりだったけど、軽く小さく外出時に気兼ねなく使えるので愛用していた。

Bluetooth接続できる、そんなチープなヘッドホンがないかと数年前から探していたのだが、これが意外とない。
少し前、ネットでその理想に近そうなものを見つけたので入手してみた。
JLAB AUDIOの「Rewind Wireless Retro Headphones」だ。

スポンサーリンク

JLAB AUDIO Rewind Wireless Retro Headphones

コンビニや100均で売ってそうな、簡易パッケージ。

これが非常に開封しづらく、結局全体をビリビリに破壊したので、開封時の画像はなし。
開封方法の正解はあるのだろうか…

内容は、ヘッドホン本体・簡易マニュアル・交換用イヤーパッド・ロゴステッカー・充電用MicroUSBケーブル。

USB Type−Cではないのが残念だが、長さ約1mの充電用ケーブルもポップなブルーだ(JLAB AUDIOのイメージカラー?)。

右側のスピーカーに充電用のMicroUSB端子がある。

充電時にはイヤーパッドを少しずらす必要がある。

スイッチ類は、右側のスピーカーのロゴ部分1ヶ所のみ。

これだけで本体のオン・オフや再生・停止だけでなく、Bluetooth接続からイコライザーの設定まで、タップ回数や長押しの長さなどを駆使して行う。

まとめ


ポップさを重視するなら、イヤーパッドはオレンジが良いだろう。
しかし僕は黒好き。
やはり付属の黒いイヤーパッドの方が落ち着く。

シルバーとブラックのシンプルでデザインが、チープでありながらサイバーでなかなかカッコイイ!
掛け心地も軽くて悪くない。
外出時もちろん、自宅でも当面はこれを愛用する予定だ。

※ 僕が入手したモデルには技適マークが見あたらなかった。日本の有名楽器店でも販売されているようなので、入手先によっては技適マークがあるのかもしれない。いずれにしても、購入・使用は自己責任で。



こちらの投稿もいかがですか

iPhone 7からオーディオジャックがなくなり、Bluetoothイヤホンがディフォルトになりつつある。 僕もAnkerのSound...
スポンサーリンク