コストパフォーマンス最高のイヤホン final E1000 SE 付きムック本「ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION」

ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION
iPhone 7からオーディオジャックがなくなり、Bluetoothイヤホンがディフォルトになりつつある。
僕もAnkerのSoundcore Spiritを日常的に愛用している。

手軽に使えてコストパフォーマンスが高い! Anker「Soundcore Spirit」購入

ただし、時々使っているiPod ClassicにはBluetooth機能がないので、有線イヤホンを使う必要がある。
新しいイヤホンが欲しくなり探していて見つけたのが、アマゾンでも評価が高いfinal E1000だ。

購入しようと思っていたら、オリジナルの限定モデル “final E1000 SE” が特別付録のムック本があった。
「ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION」だ。

スポンサーリンク

ヘッドフォンブック SPECIAL EDITION

よくある付録つきムック本。

本の中身はfinal E1000 SEの説明と、ミュージシャン(僕は知らない…)のインタビュー、オススメイヤホンのカタログといった感じ。

メインは付録なので、ムック本の方がおまけ程度といったところだ。

本体の大半を占める、付録ケース。

final E1000 SEのパッケージ。

プレゼントサイトのQRコードと、E1000[Special Edition]という誇らしげな表記。

中はfinal E1000 SEと、左右色違いで、SSからLLまで5サイズのイヤーピース。

5サイズあるから、フィットするイヤーピースを選ぶことができる。
左右の色が違うので、装着する時も左右迷うことがなさそうだ。

このグリーンがSpecial Editionだ(通常モデルはブラック、ブルー、レッドの3色のみ)。

ケーブルの長さは1.2mと必要十分。
本体部分は小さく、重さは15gで装着感は悪くない。

プラグはL字型。

ケーブルは柔軟で太めなので、断線に強いということだ。

まとめ


肝心の音質は、高音から低音までバランス良く、クセがない素直な印象。
iPodやiPadくらいで、僕のようなバカ耳が使用するには十分といって良いだろう。

奇をてらわないシンプルな円筒形のデザインも好みだ。
オーディオビジュアルアワード「VGP 2019」のインナーイヤー型ヘッドホン(2.5千円以上5千円未満)部門を受賞している(金賞は同シリーズのE2000)。

このムック本は2,100円なので、2,300円前後で販売されているfinal E1000単体より数百円安い。
どうせ買うなら、と思ってムック本の方を購入した(どちらにしても安いんだけど…)。
それで同機能のSpecial Editionが手に入るのだから、これ以上のコストパフォーマンスはないだろう。



こちらの投稿もいかがですか

Ankerのオーディオ機器ブランド「SoundCore」。 中でも注目度が高かったノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「Sound...
スポンサーリンク