使わない時に真価を発揮する!? 無印良品の「半分の厚みで収納できるソフトキャリー」

旅行の、特に海外旅行の必需品ともいえるキャリーバッグ。
人によって必要な大きさが変わってくるが、一般的には50〜60Lくらいの大きさといったところだろうか。

使う時はけっこうな大きさがあっても、持っていくものを厳選し、入れ方を工夫しないとスペースに苦心することがある。
しかし使わない時は、部屋の中で意外と大きさがあり収納場所に頭を悩ませる…

そんなキャリーバッグの欠点(?)を補う、画期的な製品が無印良品から発売される。
「半分の厚みで収納できるソフトキャリー」だ。

スポンサーリンク

半分の厚みで収納できるソフトキャリー


見ためは、ごくふつうのソフトタイプのキャリーバッグだ。

仕掛けは内部にあり、パネルを展開することで芯になり、本来の大きさを保って使うことができる。
使わない時はパネルを折りたたみ、平らに押しつぶす(?)ことで使用時の半分の厚みになる。
ハンドル部分は保管時に本体に完全に収納でき、ジッパー付きのフタまである。
この厚みでハンドルなどの出っ張りもなければ、ベッドの下やクローゼットの片すみにでも簡単に収納することができるだろう。

前面には、ジッパー付きのポケットが上下に2つある。
上のポケットは内部に仕切りやペン差しがあるので使用頻度が高いものを、下のポケットは仕切りもなくそのままの大型ポケットになっているので雑誌やなどを入れておくのに良さそうだ。

素材は撥水加工がされたポリエステル100%。
ジッパーにも撥水加工が施されている。

カラーは黒とネイビーの2色。
大きさは36Lと63Lの2タイプで、価格はそれぞれ9,900円と12,900円(いずれも税込)。
発売は、黒が2017年11月17日、ネイビーが2017年11月24日の予定で、現在先行予約受付中だ。

まとめ

仕事などで常に移動している人はともかく、ほとんどの人は使っているより部屋に保管している時間のほうが圧倒的に長いキャリーバッグ。
使用時の利便性を考えられたものは多いが、保管時の収納に考慮したのはさすが無印良品。
さらに機能性にも富んでいるので、ハードタイプにこだわりがないなら、オススメのキャリーバッグといって良いだろう。


こちらの投稿もいかがですか

カジュアルにもフォーマルにも、旅行にも出張にも最適! 無印良品のナイロンビジネス2WAYリュック
僕は旅行や出張の時に、GREGORYのダッフルバッグを使っていた。 グレゴリー ダッフル XSGREGORY でも10年以上使っ...
スポンサーリンク