世界最小でLTE対応のAndroidスマートフォン「Unihertz Jelly Pro」はAmazonで購入可能!

中国深圳の電子機器メーカーUnihertzは、LTE対応では世界最小のSIMフリーAndroidスマートフォン「Jelly Pro」の日本国内での一般販売を開始した。

スポンサーリンク

Jelly Pro


http://amzn.to/2BDjAwD

スペック

  • OS:Android 7.0 Nougat
  • CPU:ARM Cortex-A53 クアッドコア 1.1GHz
  • RAM:2GB
  • ROM:16GB
  • ディスプレイ:2.45インチ TFT 液晶 432×240
  • バッテリー:950mAh
  • アウトカメラ:800万画素
  • インカメラ:200万画素
  • 外部端子:microSD(最大256GB)、microUSB、3.5mmオーデオジャック
  • サイズ:92.3×43×13mm 60.4g

特徴

最大の特徴は、何といってもその大きさ。
ジーンズのポケットはもちろん、コインポケットにも入るサイズで、携帯に困ることはないだろう。
逆に小さすぎて失くしてしまう心配がありそうだ。

そんなコンパクトサイズにも関わらずRAMは2GBを搭載し、Android 7.0 Nougatを快適に動かしている。
当然Google Playも使用可能なので、ほとんどのアプリをふつうに使えるだろう。

デュアルSIMスロット+microSDスロットのトリプルスロット仕様(4Gの同時待ち受けが可能かどうかは不明)。
最近の機種では珍しく、バッテリーも着脱可能なようだ。

カラーはスペースブラック、パールホワイト、スカイブルーの3色。
現在Amazonでは、セール価格の13,799円(税込)で販売中だ。

周辺機器が豊富

マイナーなメーカー・機種(?)にもかかわらず、意外と周辺機器が充実している。

保護フィルムは当然として、すでにケースも販売されている。
ケースは本体を保護するだけでなく、大型のストラップホールがついているので、カラビナなどでジーンズのベルトループやバッグなどに、アクセサリー感覚で吊り下げることも可能だ。

さらに、ジョギングなどのスポーツ時に腕に巻き付ける、アームバンド型のケースまで用意されている。

周辺機器を見ると、Jelly Proがどういうコンセプトで企画されたか、よく分かるだろう。

まとめ


ディスプレイの大型化に伴って、ボディー自体も大型化しているスマートフォン。
その一方で、iPhone SEのような小型スマートフォンも意外と(?)売れているという。

実際、通話やメール、メモ程度のカメラ機能を使うだけなら、小型軽量の方が携帯しやすい。
ディスプレイが小さいと、ソフトウェアキーボードでの文字入力が不便、という意見もあるが、音声入力の精度が上ってくるとキーボードの必要性もなくなってくるだろう。
スマートフォンに話しかける、通話をする要領でメールを送信する時代が、近くやってきそうだ。

個人的にも、SONYのpreminiやSO902i、NokiaNM705iなどの小型端末好きだったので、Jelly Proはすごく気になる。

ガラケーの人気が再燃しているらしいので、僕の現存する歴代携帯電話のご紹介【後編】

今ならセール価格の13,799円(税込)だし、サブ機として購入しておいても邪魔にならないかもしれない…


こちらの投稿もいかがですか

ほんとうはこれで十分なのかもしれない… Android搭載携帯電話「Niche Phone-S」
クラウドファンディングサイト「Makuake」で、脅威の3615%という達成率を叩き出したカードサイズ携帯電話が、フューチャーモデル...
スポンサーリンク