これで雨の日も快適! ユニクロの「コンパクトアンブレラ」

昔使っていた折り畳み傘が、持ちて部分の加水分解で使えなくなり、100均のビニール傘で間に合わせていた。
100均の傘は失くしても盗られても痛手は少ない。
場合によっては、自分から置いてくる(捨ててくる?)こともある。

とはいえ、それも効率が悪いということで、傘を買うことにした。
我らがユニクロの折り畳み傘、「コンパクトアンブレラ」だ。

スポンサーリンク

ユニクロ コンパクトアンブレラ

ごくふつうの折り畳み傘。

とはいえ、主な特徴は5つある。

  • 骨が8本
  • 傘部分が回転
  • ハジキがない
  • 傘袋と本体が連結
  • ストレッチにリフレクター搭載

このように、丈夫な骨が8本ある。

しかも、この部分がクルクル回って風を受け流す。
強風の時でも、傘が変形することもないだろう。

また傘を広げた時に、これを留めるハジキという部分がない。
もちろん、傘を閉じた時に留める部分にもない。
これで、指を挟んで痛い思いをすることもない。

傘と収納袋は、金具で連結することができる。

これで袋をなくしてしまう心配がない。

しかも、ストラップにはリフレクターを織り込んでいるので、夜間でも安心だ。

折りたたんだ時の長さは270mmで、重さは収納袋をあわせて257g(カタログ値)。
価格は1,500円(税別)。

まとめ


購入の際、無印良品の折り畳み傘と悩んだ。

無印良品の折り畳み傘は203g。
ユニクロより50g以上軽い。

ただし骨は6本で、回転することもない。
にもかかわらず価格は2,990円(税込)と、倍近い差がある。

丈夫さと価格差を考慮し、ユニクロの折り畳み傘を選んだ。
軽さと丈夫さは、相反するものかもしれない…


こちらの投稿もいかがですか

発売当初は購入者が殺到して、購入制限されるくらいに人気商品だったユニクロのエアリズムマスク。 オンラインストアでも、長らく欠品状態だっ...
スポンサーリンク