全スマートスピーカー中最高音質を実現!?「BOSE HOME SPEAKER 500」


米国の音響機器メーカー、BOSEからスマートスピーカーがリリースされる。
「BOSE HOME SPEAKER 500」だ。

スポンサーリンク

BOSE HOME SPEAKER 500


BOSE HOME SPEAKER 500が搭載しているAI、音声アシスタントはAmazonのAlexa。
さらに今後は他の音声アシスタントや、AppleのAirPlay 2への音声アシスタントも予定しているという。

音楽配信サービスは当然(?)Amazon MusicやSpotifyが利用可能で、Bluetooth接続でスマートフォンやタブレット内のコンテンツも再生可能。

音声のほか、本体のタッチコントロールやスマホアプリ「Bose Musicアプリ」でも操作できる。
ディスプレイを搭載しているが、Amazon Echo Spotのようなタッチスクリーンではなく、再生中の音楽情報や時計のみの表示のようだ。

大きさは204×170×110mm、重さは2.1kgと、スマートスピーカーとしては大型で重いが、これは音にこだわった結果だろうと想像できる。
2つのカスタムドライバーを逆向きに配置しているので、音が壁に反射し、クリアなステレオサウンドが部屋全体を包み込むという。
このあたりの設計は、さすがBOSEというべきだろう。

カラーはラックスシルバーとトリプルブラックの2色。
価格は50,760円(税込)で、発売は2018年10月31日予定。
現在Amazonなどで予約受付中だ。

まとめ

Appleのスマートスピーカー、HomePodが349ドル(約38,000円)なので、BOSE HOME SPEAKER 500はそれを上回る価格。
AmazonのEchoシリーズやGoogle Homeの値引き販売競争(?)が繰り返される中、対極のスマートスピーカーといえる。

スマートスピーカーとしては破格だが、BOSEのスピーカーとして見れば適正価格かもしれない。
あとは音質しだい、あるいはユーザーとしてどこまで音質にこだわるか、という判断基準になりそうだ。

個人的には丸くて小さい、ステレオではないが音質もそこそこのEcho Spotで十分かな…


こちらの投稿もいかがですか

Amazon「Echo Spot」は予想以上にカワイイ奴だった!
予約していたAmazon「Echo Spot」が、予定どおり2018年7月26日に到着した。 さっそく見てみよう。 Echo S...
スポンサーリンク