やはりノンストレッチパンツは最高!? Dickies WD874を購入して改造!

デッキーズ
オンにオフに年間を通じて穿き倒していたGRAMICCIがくたびれてきた。

高城剛も愛用!? GRAMICCI NNパンツの特徴を徹底分析!

やはりポリウレタン混紡のストレッチパンツは、長く穿くには不向きということか。

というわけで、久しぶりにディッキーズのパンツを買うことにした。
Dickies WD874だ。

スポンサーリンク

Dickies WD874

WD874は、ディッキーズの定番パンツ874を、ローライズにしてシルエットも若干細くシャープにしたモデル。
生地はポリエステル65%・綿35%の、ディッキーズ自慢のTCツイル。
前開きのカギホックなど、ディテールは874そのままだ。

ふだんふつうに穿くには、最適な一本といって良いだろう。


▲ インポートモデルより質が向上したたといわれているTCツイル。綾目が際立ち、若干厚手になったのか?

バックポケットは片玉縁仕様。

左側にだけボタンが付いている。

僕が以前穿いていたディッキーズ WD3876は、バックポケットに左右ともジッパーが付いていた。
中に入れたものを落とす心配がないので便利なのだが、モノを出し入れするたびにエレメント(務歯)で手の甲をひっかく感じになって若干不便。
僕はバックポケットにはハンカチくらいしか入れないので、これで十分だ。

左前のベルトループを細くする

ディッキーズはベルトループが太いのが特徴。

3cmくらいの幅がある。

これではキーリング、愛用のWichard Safty snap hookをうまく引っ掛けられない。

オシャレなフランス製カラビナ「Wichard Safty snap hook」でマルチツールをアップデート!

ベルトループを半分くらいに細くしよう。

まずベルトループを外すのだが、ベルトループはウエスト部分、腰帯に縫い込まれている。

腰帯の一部を開いて、ベルトループを引き抜く。

もとのベルトループを解体し、細く縫い直した。

逆の要領で縫い直し、完成。

しっかりWichard Safty snap hookも引っ掛けられる。

まとめ

GRAMICCIがくたびれてきたのはストレッチ、ポリウレタンが原因ではないかもしれない。
単純に穿き倒したためだろう。

とはいえ、やはり僕はストレッチが効いたパンツより、WD874のようなゴツくタフなパンツの方が好みだ。



こちらの投稿もいかがですか

ここ数年、United Athle 12.0オンス フルジップスウェットパーカーを愛用していた。 ▷ フーディーはハッカーのユニホ...
スポンサーリンク