スマホの写真は個人情報のかたまり!! MacでExif(位置情報)を削除する方法


スマートフォンのカメラが高性能化するにつれ、マニア以外の人にはデジタルカメラの必要がなくなってきた。
むしろスマートフォンのカメラアプリを使えば、自動的に補正してくれてるので、簡単にきれいな写真が撮れる。
しかもそのまま、TwitterやInstagramなどのSNSにアップできるので便利だ。

しかし、そこには落とし穴がある。
もっとも注意すべきはExifと呼ばれる、写真に自動的に付加されるメタデータだ。

スポンサーリンク

Exifとは

Exif(イグジフ・エグジフ)はExchangeable image file formatの略で、写真用のメタデータ(様々な情報)を含んだ画像ファイルフォーマットのこと。
スマートフォンのカメラやデジタルカメラなど、デジタル機器で撮影した画像には、特別な設定がない限り自動的に付加される。

Macでは写真(画像)を開き、[ツール]>[インスペクタを表示]から確認することができる。

撮影時の年月日時間や撮影機種、その時の設定まで、事細かく記録されている。

Macで位置情報情報を削除する方法

Macでは別項目になっているが、Exifには位置情報(GPSデータ)も含まれている。

撮影場所の緯度や経度、Macでは丁寧に地図付きで表示してくれる。
高度まで表示されているので、高さのある建物でもおおよその階を推察することができる。
自宅で撮影しネットに投稿した場合、第三者がほぼ正確にその場所を特定することが可能だ。

GPS情報を消去したい場合は、下部の[位置情報の削除]をクリックする。

WordPressでExifを自動的に削除する方法

TwitterやFacebook、LINEなど主なSNSは、投稿した画像から自動的にExifを削除してくれる。
またアメーバブログやはてなブログなども削除しているようだ。

しかし、このブログで使っているWordPressには、デフォルトでその機能はない。
ユーザーが自分でプラグインを使って、設定する必要がある。

僕は “EWWW Image Optimizer” というプラグインを使っている。
本来は画像のファイルサイズ圧縮し、サーバのストレージを節約するとともに、サイトの表示速度をアップすることを目的としたプラグインだ。

その他の機能として、画像圧縮時にExifのメタデータも削除できる設定がある。
EWWW Image Optimizerの設定画面で、[メタデータを削除]にチェックを入れておく。

先ほどの写真もWordPressにアップするだけで、Exifは削除されている(GPS情報が残っている場合も同時に削除される)。

これで安心だ。

まとめ

ふつうにSNSやブログに写真を投稿する場合は、設定をしておけばメタデータは削除され個人情報が流出することはなさそうだ。
しかし友人・知人などと直接写真のやり取りをする場合は、この限りではない。
譲った写真が、回りまわって誰の手に渡るか分からない。
必要がない場合は、カメラアプリの位置情報はオフにしておいた方が良いだろう。

【保存版】個人情報を盗まれないために! iPhoneの位置情報サービスの設定を確認する

また、新しいカメラアプリをダウンロードし起動する時には、位置情報の許可が求められる。
この時も必ず[許可しない]を選択しよう。
新しいアプリを早く使いたいがために、適当に[OK]をタップしていると、位置情報つきの写真を撮ってしまうことになる。

個人情報を守るには、常に意識し慎重に設定することが重要だ。

スポンサーリンク