新型iPad(第6世代)にオススメのモバイルキーボード5選


先日リリースされた、新型iPad(第6世代)。

新型iPad(第6世代)は何が変わったのか!?

前モデルと値段据え置き、Apple Pencil使用可能、必要十分なスペックと、評価は高い。
僕もiPad mini 2の後継機第1候補になっている。

唯一頭を悩ませるのがキーボード。
Apple Pencilには対応したものの、Smart Keyboardは使えない。
パソコン代わりに使うなら、キーボードは必須だ。
iPad Proはテキスト入力程度の使用にはハイスペック過ぎるし、何よりも高価だ。

安価で高性能なBluetoothキーボードを使うのが賢明だ。

スポンサーリンク

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード


三つ折りタイプなので、十分なキーピッチがありながら、携帯時は小さくなる。
しかも185gという軽量だ。
アルミボディなので安っぽさもない。

大きさから考えて、iPadよりiPhone向きかもしれない。
ポケットに入れておいて、iPhoneでテキスト入力する時に重宝しそうだ。

ただし利用する際にはスタンドが必須。
このタイプなら軽量・小型なので、一緒に持ち歩いても邪魔にならない。

EC Technology 折りたたみ式Bluetoothキーボード


折りたたみ式のモバイルキーボードといえばヨコ型が主流だったが、これはタテに折りたたむタイプ。
折りたたむと、222×45×15mmの棒状(?)になる。
この形状なら、バッグの空きスペースに入れておくのに便利だ。

しかもスタンド付なので、別途用意する必要がない。
スタンドは開く角度によって、iPadの傾斜度も調整できるようだ。

WloveTravel Bluetoothキーボード


こちらもタテ折りタイプのキーボード。
ただしこちらは三つ折りで、そのうち一面がスタンドになっている。

スタンド面が広いからスマートフォンからタブレットまで、幅広いサイズをカバーできるのも魅力だ。
ただしスタンド面があるため、携帯時のサイズは237×54.9×18mmと、EC Technologyよりやや大きめ。

Logicool ウルトラポータブル Bluetoothキーボード for iPad


Apple周辺機器を多く販売しているLogicoolの、 iPad専用キーボード。
専用ということで、iOS用ショートカットキーが搭載されている。

折りたたみ機能はないが、大きさが242×137×6mmとiPadとほぼ同じ大きさで薄型なので、2枚重ねて持てば邪魔にならない。
重さも180gと軽量。
耐水加工もされているから、カフェなどで飲み物をこぼしても安心だ。

Logicool SLIM FOLIO Bluetooth キーボード一体型ケース iPad第5世代用


本格的にノートパソコンのように使いたいなら、キーボードケースが最適だ。

Logicool製でApple Storeでも販売されているもの。
表記は前モデル(第5世代)用ではあるが、新型iPad(第6世代)とサイズが変わらないので使えるはず。
これも専用なので、iOS用ショートカットキーが搭載されている。

全体重量が1kg近くなり、使用感だけでなく重さもノートパソコン並みになってしまうのが、欠点といえば欠点か。

まとめ

僕自身は、当面はMicrosoftのFoldable Keyboardを使うつもりだ。

モバイルキーボードの最適解!?「Microsoft Universal Foldable Keyboard」を購入!

使い勝手はUniversal Mobile Keyboardの方が良いのだが、モバイルキーボードとしては致命的に重い。

ついにモバイルキーボード探しの旅も終了か!? 「Microsoft Universal Mobile Keyboard」購入

今回も、Microsoft Foldable Keyboardをオススメしたいところではあるが、残念ながら生産を終了してしまっている。
優秀なモバイルキーボードなので、ぜひ再生産か後継機の開発を希望したい。

そういう意味においては、折りたたみタイプはないものの似た機能・質感の、Logicool ウルトラポータブル Bluetoothキーボード for iPadが気になっている。
僕自身のモバイルキーボード探しの旅も、まだ続きそうだ。

スポンサーリンク