まるでBluetoothイヤホン! 手軽に使えるデジタル耳せん「キングジム MM2000」

キングジム デジタル耳せん MM2000
キングジムと聞いて思いつくのが、文房具好きならテプラ、ガジェット好きならポメラだろう。

名機は原点に帰る!? キーボード折りたたみ式・電池式に戻った「ポメラ DM30」

いずれにしても、機能を特化したニッチな製品を、製造販売していることで有名なメーカーだ。

そんなキングジムが、またしてもニッチかつ有用な製品を販売する。
デジタル耳せん「MM2000」だ。

スポンサーリンク

MM2000

MM2000は、同じくデジタル耳せん、MM1000の後継機。

ただしMM1000とは、ほとんど別ものになっている。
本体部分(?)がなくなり、MM2000はふつうのBluetoothイヤホンと変わらないデザインだ。
バッグやポケットなど、本体を収納する場所に頭を悩ませる必要がない。

MM2000は、電車の走行音や飛行機のジェット音、工場の機械音などの環境騒音を、95%カットしてくれるという。
それでいながら、人の声はしっかり聞こえるので、重要なアナウンスなどを聞き逃すこともなさそうだ。

仕組みは一般のノイズキャンセリングヘッドホンなどと同じ。
イヤホンに内蔵されたマイクが周囲の環境騒音をキャッチし、逆位相の音を出すことで騒音を打ち消す。

IPX2等級の防滴、IP5Xの防塵性能を搭載しているので、工場など粉塵が発生する現場でも安心して使えそうだ。
さらに1回の充電で約50時間の連続稼働時間があるという。

XS・S・M・Lと4サイズのシリコン製イヤピースの他に、耳穴にフィットし遮音性に優れたウレタン製イヤピースが付属しているのも、うれしいところ。

価格は8,500円(税別)で、2018年11月9日発売予定。
現在、予約受付中だ。

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホンは高価なものが多く、本体部分が別パーツになっているので、気軽には使いにくい。
その点、MM2000は比較的安価で、バッグやポケットから取り出して簡単に使うことができる。

デジタル耳せんなので、当然Bluetooth機能はなく音楽などを聴くことはできない。
その潔さもMM2000の魅力のひとつといって良いだろう。

旅行や出張時、移動中の車内・機内で読書や仕事に集中したい時の、強い味方になってくれそうだ。
神経質なうえに集中力がない僕には、ピッタリなガジェットかも…


こちらの投稿もいかがですか

必要十分なノイズキャンセリング性能! コストパフォーマンスも高いAnker「Soundcore Space NC」購入
Ankerのオーディオ機器ブランド「SoundCore」。 中でも注目度が高かったノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「Sound...
スポンサーリンク