サイフを持たない生活再び!


ちょうど3年くらい前、サイフを持たない生活に挑戦したことがある。

ミニマリストは外出時の持ち物を少なくしたい! サイフを持たない生活は可能か!?【追記あり】

しかし当時は、キャッシュレスが一般化していなかったために挫折した。

ミニマリストのサイフを持たない生活、その後…

それが今回のCOVID-19の流行で感染を防ぐ意味もあり、キャッシュレス決済が進みつつある。
ならばということで、再びサイフを持たない生活に挑戦することにした。

スポンサーリンク

モビロンバンドがサイフ!?


持ち物は以下のとおり。

  • 最低限の現金(紙幣)
  • 通勤定期としての交通系カード(PiTaPa)
  • クレジットカード2枚(念のためVISAとMaster)
  • 免許証(身分証明書として)

これらをモビロンバンドでまとめる。

モビロンバンドは1本でも十分なのだが、他に何か使いたい時のために一応2〜3本。

まとめ

ここしばらくは、自作のカードケースをサイフ代わりに使っていた。

ユニクロのバックパックで、ミニマリスト用のサイフを自作する!

だから実際に持っているものは、これまでと変わらない。
自作カードケースが、モビロンバンドに代わっただけだなので、特に不便はないはずだ。
むしろモビロンバンドの予備があるので、出先で何か役に立つことがあるかもしれない。

今回は千円札を切らしているので一万円札だが、ふだんは2〜3千円。
ほとんどの支払いは、クレジットカードかApple Payで済ましている。

最近は飲み会も自粛傾向で、現金で割り勘する機会もほぼなくなった。
そのうち、ほんとうに現金が不要になるかもしれない。

COVID-19の流行は、経済など一般の生活にも影響が出始めている。
一方で、キャッシュレス決済やテレワークなど、今まで遅々として進まなかった、実生活のIT化もようやく普及しつつある。
悪いことばかりではないとはいえないが、こんな状況だからこそ変化できることもあるということだ。


こちらの投稿もいかがですか

現在、サイフを持たない生活について試行錯誤中だ。 サイフを持たない生活、その後… したがって、100%キャッシュレスを目指し...
スポンサーリンク