望遠撮影時の手ブレを防ぐために!「Manfrotto MCLAMP」と「JOBY ゴリラポッド マイクロ250」


先日、超望遠12倍スマホレンズ目当てでDIME2020年5月号を購入した。

「超望遠12倍スマホレンズ」が付録! DIME 2020年5月号購入

望遠撮影時に気になるのが手ブレ。
たいしたテクニックがない僕にとって、少しでもマシな写真を撮るには三脚は必須だ。
というわけで「Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター」と「JOBY ミニ三脚」を購入した。

スポンサーリンク

Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP

オーソドックスなスマートフォン用三脚アダプターデザインに、“Manfrotto” のロゴが誇らしげだ。

通常時でサイズは約73×35×25mm、重さは27gと小型軽量。

スマートフォンと接する部分は、赤いシリコン製ラバーパッド仕様になっている。

しっかりと固定してくれるとともに、カバーを付けていなくてもスマートフォンを傷つけることはなさそうだ。

三脚接続用の1/4ネジ穴が背面と、

底面の2ヶ所にある。

背面にはスタンドがあり、

MCLAMP単体でもスタンドとして使うこともできる。

スマートフォン(Pixel 3a)に装着するとこんな感じ。

最大で83.5mm幅までのスマートフォンに使用可能だという。

JOBY ゴリラポッド マイクロ250

折りたたみ時のサイズは約65×20mmと、紛失しそうなくらいの超小型サイズ。

アルミ製なので重さはそこそこある(26g)が、質感は高い。

開くと100mm角くらいの大きさ。

1/4ネジ部分はボール状になっていて、全方向に約36°傾けることができる。

まとめ


▲ 組み合わせると、ブラックとレッドのコントラストが一体感があって美しい。

2点とも小型軽量で、持ち運ぶことに不便はない。
ポケットに入れて持ち運ぶこともできるくらいだ。

それでいて、どちらも実績のあるメーカー品なので使用自体にも不安はない。
これからの活躍が期待できそうだ。

どちらもし新モデルがリリースされている。
しかしMCLAMPはシンプルデザインであること、ゴリラポッドはレッドモデルがないことから、僕はどちらも旧モデルを選択した。

▼ こちらは新モデル。


こちらの投稿もいかがですか

僕がiPhoneで愛用しているマイクロソフトの静音カメラ「Microsoft Pix」。 シャッタ音が鳴らないだけでない。 自動で修...
スポンサーリンク