iPadをノートパソコンとして使う! ロジクール SLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一体型ケース

ロジクール SLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一体型ケース
iPadを入手したら購入しようと決めていたものがある。
ロジクールのSLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一体型ケースだ。

もう “Pro” は不要!? Apple Pencilホルダー付きiPad(第5・第6世代)用キーボードケース「ロジクール Slim Folio for iPad 」

スポンサーリンク

ロジクールSLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一体型ケース


▲ キーボードとiPadケースをつなぎ合わせたようなデザイン

表面、iPadケース側。

裏(底)面。

足などはないが、全面を覆う布のような素材で、滑らず安定している。

キーボード。

MacBookシリーズに準じたキー配列。
キーピッチは17mmでキーストロークは1.5mmあるので、快適なタイピングが可能だ。
ホームやSiri、再生/停止、音量の上下などiOS用のショートカットキーも搭載している。

頑丈そうなiPadケース部分。

特にクッションなどはないが、樹脂素材なので頻繁に取り外しを繰り返さない限り、金属製のiPadを傷つけることはなさそうだ。

iPadを装着したところ。

背面はもちろん、側面もしっかり保護してくれる。

カメラレンズやスイッチ部分の機能・操作に問題はない。

底部は大きく開かれているので、サードパーティ製の大きめプラグのLightning端子も使えそうだ。

CrayonもApple pencilホルダーに装着可能!

キーボード使用時。

約58°の角度で、ギリギリヒザ打ちも可能。
マグネットでかなり強力に接続されるので、iPod部分を掴んで持ち上げても、キーボードが外れることはない。

キーボードにスイッチはなく一度Bluetooth接続設定しておけば、iPadを立てかけると緑ランプが点灯し自動的に起動。

ランプが青に変わるとBluetooth接続完了だ。

しばらくすると、青ランプも消える。

バッテリーではなくボタン電池で駆動する。

CR2032が2個で、約4年動くという。

iPadとキーボードを約10°の角度で重ねて使うこともできる。

この時はキーボードは起動していない。
Crayon(Apple pencil)でメモやお絵かきに最適な角度だ。

重くてゴツい

SLIM FOLIO iK1053を装着することで全体の重量は914g、約1kgになる。
また大きさも二回りほど大きくなり、Panasonicの頑丈ノートパソコンのような印象だ。

キーボード部分は比較的薄くバッテリーも使われていないので、重さとゴツさは主にiPadケースに原因がありそうだ。

iPadケース部分は強度に影響が出ない範囲で、中抜きがされている。
しかし厚みがあるのは、スイッチ部分のくり抜き断面を見ても一目瞭然だ。

この断面はどこかで見たことがあるぞ、と思ったら、magpul Field Caseだ。

iPhone 7のケースを「magpul Field Case」に新調する

そう考えると、このSLIM FOLIO iK1053もミリタリーっぽいデザインに見えなくもない…

まとめ


というわけで(?)iPhone 7のケースもmagpulに戻し、ゴツいケースに入れたA10 Fusion端末コンビを、当面の僕のモバイル環境として使ってみることにした。

使い始めて間もないので、今後気づいたことがあれば追記していきたいと思う。
現時点では、キーボードの打ち心地もよく、遅延や接続不良もない。
造りに安っぽさもなく、AppleStoreでも取り扱っている、さすがのロジクール製。

Crayon(Apple Pencil)も同時に持ち運べる、数少ないiPad専用キーボードケースだ。




こちらの投稿もいかがですか

先日のイベントで発表された新型iPad(第6世代)。 新型iPad(第6世代)は何が変わったのか!? 廉価版、教育機関向...
スポンサーリンク