iPhone 7のケースを「magpul Field Case」に新調する


先日リリースされたiPhone Xs(Max)やXrの購入は、とりあえず見送ることにした。
今使っているiPhone 7に不満はないし、何よりも高価過ぎる。
Xrがプラスチックボディーであれば購入していたかもしれないが、ガラスボディーは好みではない。
5cの失敗があるから、プラスチックボディーのiPhoneは、もうリリースされることはないだろう。

ついに販売終了!? iPhone5cは失敗作なのか?

だから、というわけではないが気分一新、これまでiPhone 7で使っていたApple純正のiPhoneケースを新調することにした。
購入したのは、以前iPhone 5sでも愛用していた「magpul Field Case」だ。

iPhone 5sもミリタリーに! MAGPUL iPhone5/5s/SE用ケースはタフでオシャレなケースだ!!

スポンサーリンク

magpul iPhone 8/7対応 4.7インチ Field Case

大きさは、Apple純正iPhoneケースと比べて、厚みもあり少し大きめ。

iPhone 7の飛び出たカメラ部分も立体的に保護されている。

すり鉢状に絶妙な角度がつけられているので、ケラレ(カメラに枠が黒く写り込んでしまうこと)もない。
電源スイッチも保護されていて、滑り止め加工されたボタンで、通常より操作性が良くなっているくらいだ。

ボリュームスイッチも電源スイッチと同様の加工で操作性に問題なし。

ミュートボタンは深くくり抜かれているので、指先を突っ込んで操作する必要がある。
その分、誤操作も防げそうだ。

Apple純正iPhoneケースでは、ほぼ全面開かれていた底部も、しっかり保護されている。

Lightning端子部分も大きくくり抜かれているので、ほとんどのケーブルが使えそうだ。
マイクやスピーカー部分の穴も、適切な大きさ。

正面のフチが少し高くなっているので、伏せて置いてもディスプレイを傷つける可能性は少ない。

素材は、銃器のマガジンに使われている素材と同じポリマー製。
半硬質の熱可塑性エラストマー構造で、少しくらいの衝撃であればiPhoneを守ってくれる。
iPhone 5sで使っていたものより柔軟性があり、着脱しやすい。
海外旅行・出張などでSIMカードを交換する時も、スムーズに作業できそうだ(あまり着脱を繰り返すと、フィット感がなくなる可能性も…)。

まとめ


やはり握った感じは、Apple純正iPhoneケースより大きく感じる。
しかし、全体的に梨地仕上げになっているので、手ざわりは悪くない。
格子柄のリブデザインが引っかかりになって、うっかり落としてしまうこともなさそうだ。

そして何よりもミリタリーなデザインは、圧倒的な存在感。
厨二病男の子(オッサン)心を、程よく満足させてくれる。
さすがのmagpul(マグプル)製だ。

なお、一部で粗悪な偽物も出回っているという噂がある。
数百円程度の差であれば、安心の国内正規代理店品を購入した方が良さそうだ。


こちらの投稿もいかがですか

やはり純正が一番!? Apple純正「iPhone 7シリコーンケース」
チョットした事情で(?)、iPhone 7に100均のケースを付けて使っている。 とりあえず春まで、iPhone 7にはケースを使...
スポンサーリンク