高城剛愛用の機内快眠アイテム2点

ベネクス リカバリーウェア アイマスク
いつもの(?)高城剛氏のメールマガジン「高城未来研究所『Future Report』」、人気のQ&Aコーナー。
ロングフライト時、機内での快適な過ごし方に対する質問。

僕の特技は、どこでも寝られる上に、機内ではずっと執筆してますので、ロングフライトもそこまで苦ではありません。
なにしろ、機内で映画もまったく観ないほどで、コツは、良いノイズキャンセリング・ヘッドフォン(現在、機能で選ぶならSONY)と、良いアイマスク(現在、機能で選ぶならVENEX)を持参すること。
(後略)

【高城未来研究所「Future Report」Vol.439】

高城氏は、機内では主に寝ているか執筆しているという。

僕たちが気になるのは、紹介されているノイズキャンセリング・ヘッドフォンとアイマスクだ。

スポンサーリンク

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3

ソニー  ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3
メルマガには “ノイズキャンセリング・ヘッドフォン(現在、機能で選ぶならSONY)” とあるだけで、品番などは記載されていない。
しかしおそらく、今ならWH-1000XM3と考えて良さそうだ。
ほぼ同じ機能を持った、BoseのQC 35と並ぶ人気機種なので、ユーザーも多いだろう。

タッチパネルでの操作を特徴とし、ソニー独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載することで、前機種の処理能力が4倍になり、ノイズキャンセリング機能も強化されているという。

一般的には機能はSONYのXM3、装着感はBoseのQC 35とされているようだ。
音質に関しては好みが分かれるところなので、店頭で実際に試してみて購入するのが良さそうだ。

VENEX リカバリーウェア アイマスク

ベネクス リカバリーウェア アイマスク
VENEX(株式会社ベネクス)はリカバリーウェアを製造販売するの日本のメーカー。
“「ただ着るだけ」で心地よい環境を整え「上質な休養」が得られるよう開発され” ているのが、リカバリーウェアだ。
独自開発したPHT(Platinum Harmonized Technology)という素材を使用しており、特有の着心地を楽しむことができるという。

アイマスクは、クッション性の高い生地(ポリエステル84%、ポリウレタン16%)を使用している。
蒸れない吸汗速乾素材で、中綿入りなので目元を快適に包み込んでくれるという。

サイズが「S〜M(47-50cm)」と「L〜XL(53-57cm)」の2型。
伸縮性があるので、一般的な大人は「L〜XL」で良さそうだ。

まとめ

僕は神経質な性格なので、不特定多数な人が行き交う車内や機内では眠ることができない。
ウトウトしても、近辺に動く人の気配があると目覚めてしまうのだ。

しかし、この2アイテムを使えば、僕も車内や機内で眠ることができるかもしれない。
周囲の気配が感じられないので、不安になってよけい眠れなくなる可能性もありそうだけど…


こちらの投稿もいかがですか

Ankerのオーディオ機器ブランド「SoundCore」。 中でも注目度が高かったノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン「Sound...
スポンサーリンク