アップデート! 高城剛の「SURVIVAL POCKET(サバイバルポケット)」の中身研究【後編】

ネクストトラベラー サバイバルポケット
昨年(2019年)末、このブログに投稿した高城剛氏のSURVIVAL POCKETの中身。

アップデート! 高城剛の「SURVIVAL POCKET(サバイバルポケット)」の中身研究【前編】

その後編が、新年早々NEXTRAVELER ニュースレターで配信された。

スポンサーリンク

基本的な中身は変わらず

前編にも書いたように外側から見える、SAWYER ミニ携帯用浄水器とABITAX タグライトは、当初と変更なかった。



また中に収納している、HIGHMOUNTサバイバルシートやgreen bean to bar CHOCOLATEも変更がないようだ。



変更されたのは、iPhone X Max(?)がXiaomi Mi Note 10になったくらいだ。

追加されたもの

しかし追加されたものは、いくつかある。

  • 折りたたみタイプの紙コップ
  • モンベル マイクロファイバータオル
  • 小型ハサミ
  • ホイッスル
  • マスク
  • (コンビニでもらった)スプーン

だ。




そして、

  • パッチタイプのビタミンB12
  • 水に溶かすマルチビタミン エンデュラ
  • 真菌性抗生剤 リフキシマ

など、詳しくは分からないマニアックなものも入っている…

さらに、リストには記載されていないがMicroUSBのケーブルや、Lightning端子と(おそらく…)USB Type−Cのアダプターなども画像から確認できる。

まとめ

これを参考に、僕もあらためてSURVIVAL POCKETの中身を構築したいと思う。

まず、マイクロファイバータオルと小型ハサミ、ホイッスル、マスク、スプーン(コンビニでもらおう…)を追加する。
さすがにマニアックな薬品類(?)は僕には必要なさそうなので、アスピリンと正露丸あたりを入れておくか…




こちらの投稿もいかがですか

高城剛氏の名著(?)、「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」もリリースされて3ヶ月がたった。 LIFE...
スポンサーリンク