「Unihertz Atom」はIP68の防水・防塵性能を搭載した、世界最小の4Gタフネススマートフォン!

https://www.unihertz.com/store/ja/category/company-news-ja/

安価・超小型で話題になったAndroidスマートフォン「Unihertz Jelly Pro」。

世界最小でLTE対応のAndroidスマートフォン「Unihertz Jelly Pro」はAmazonで購入可能!

その後継機が噂どおり発表され、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金を募集している。
「Unihertz Atom」だ。

Atom, World`s Smallest 4G Rugged Smartphone【Kickstarter】

スポンサーリンク

Unihertz Atom

https://www.unihertz.com/store/ja/category/company-news-ja/

スペック

  • OS:Android 8.1 Oreo
  • CPU:オクタコア 1.5GHz
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • ディスプレイ:2.45インチ 432×240
  • バッテリー:2000mAh
  • アウトカメラ:1600万画素
  • インカメラ:800万画素
  • 外部端子:USB Type-C(USB On-The-Go)、3.5mmオーデオジャック
  • サイズ:96×45×18mm 108g

特徴

Unihertz Atomの特徴は、なんといってもIP68相当の防水・防塵性能を備えた点。
IP68は、防塵性能は粉塵から完全保護、防水性能は水面下で使用が可能ということ。
つまり最高基準の防水・防塵性能スマートフォンということになる(ちなみに僕が愛用しているiPhone 7はIP67…)。

そのためか、前機種のJelly Proと比べると、若干大きく、重さは2倍弱になっている。
それでも、このサイズで最高基準の防水・防塵性能を搭載していることは、評価するべきだろう。

外部端子は、今後世界標準になることが予想され、新型iPhoneへの搭載も噂されているUSB Type-C。
USB On-The-Go機能も搭載されているので、パソコンなどの仲介を必要せず、直接マウスやキーボード、ゲームコントローラとの接続が可能だ。

また、AtomはデュアルSIMカード仕様で、しかもデュアル4Gネットワークをサポートしている(同時待ち受けが可能かどうかは不明)。
バッテリーは2000mAh搭載しているので、Jelly Proの不満点だったバッテリーの持続時間も、ある程度解消されそうだ。

さらに指紋認証やNFC機能も搭載している(NFCが日本国内で利用可能かどうかは不明)。
この大きさで、現在スマートフォンが搭載可能な機能を、ほぼ網羅しているといって良さそうだ。

専用周辺機器が豊富

Unihertzの小型スマートフォンの特徴に、専用の周辺機器が豊富なことが挙げられる。

ランニング時に便利なアームバンド、サイクリング用の自転車マウント、などがラインナップされている。
その小さなサイズを利用して、様々なシーンで使えるアダプタがリリースされる予定だ。

まとめ


Unihertz Atomは性能やサイズ感だけでなく、デザインがカッコイイ。
いかにもタフネスな面構えが、とてもサイバーだ。

そしてネーミング。
Atomという名前に、それだけで感情移入してしまう。
これは、年齢のせいだけではないはずだ…


こちらの投稿もいかがですか

世界最小でLTE対応のAndroidスマートフォン「Unihertz Jelly Pro」はAmazonで購入可能!
中国深圳の電子機器メーカーUnihertzは、LTE対応では世界最小のSIMフリーAndroidスマートフォン「Jelly Pro」...
スポンサーリンク