Aipoly Visionはヒマつぶしに最適!?

Aipoly Visionネットで面白そうなiOSアプリをみつけた。
Aipoly Visionだ。

Aipoly VisionはiPhoneやiPadに写すだけで、被写体が何であるのか教えてくれるアプリだ。
撮影するのではなく、写すだけだ。

さっそく使ってみよう。


Aipoly VisionAipoly Vision – Aipoly

スポンサーリンク

Aipoly Vision

使い方は簡単。
アプリを起動し、カメラへのアクセスを許可し、名前を知りたいモノを写すだけだ。

BRAUNの時計を写すと「clock」と教えてくれた。
Aipoly Vision_a

ユニ ジェットストリーム3改は「pen」。
Aipoly Vision_b

しかしVICTORINOX サイバーツールは、「stapler(ホッチキス)」…
Aipoly Vision_c

Amazon Fireタブレット 8GBも、どういうわけか「Casio calculator(カシオ計算機?)」…
Aipoly Vision_d

iPad4は、ちゃんと「iPad」、
Aipoly Vision_e

iPhone5sは「iPhone」と表示せれるけど、
Aipoly Vision_f

Nexus5は「I’m not surd(よくわかりません)」といわれてしまう…
Aipoly Vision_i

MacBook Airは、しっかり「MacBook air」と表記された、と思っていたら、
Aipoly Vision_g

「MacBook pro」に変更された…
Aipoly Vision_h

まとめ

正直、実用性には程遠いけど、時間つぶしに遊んでみるには楽しいアプリだ。
データが増えていけば、もっと精度が上がってくるんじゃないかな…


Aipoly VisionAipoly Vision – Aipoly

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ