ミニマリストを目指すことのデメリット!?

minimalist_demerit
以前、ミニマリストを目指していて良かったこと、というブログを書いた。
では、ミニマリストを目指していて困ったこと、デメリットはないか考えてみたい。

スポンサーリンク

着替えの数が少なくなる

服の数を減らすことにより、着替えの数が少なくなる。
悪天候が続いて洗濯物が乾かない時などに困るかも知れない。
最悪、近所のコインランドリーなどで乾燥機を使うしか、急遽買い足すことになるかも…

また体が動く時は良いが、インフルエンザなどで寝込んだ時、汗で濡れた下着を変えられないのは最悪だ。
やはり最低限の枚数は必要か?

世間の話題に疎くなる

前からアニメ以外のテレビはあまり見なかったんだけど、テレビを処分してからより見ることがなくなった。
仕事の同僚や取引先との雑談でテレビの話題などになった時、ついていけないことがある。
ネットニュースを見ていれば、今どんな番組が話題になっているのか、ある程度はわかるので適当に話を合わせているけれど…

それにしても、テレビの視聴率が下がったと言われて久しいが、みんなホントによくテレビを見てるよ。

処分した本が急に読みたくなる

置いていた時は気にならなかったんだけど、処分した本に限ってもう一度読んでみたくなったりする。
どうしても読みたい時は、Amazonで安い古本を探す。
まぁ、そんなことはあまりないんだけど…

まとめ

ちょっと無理矢理だけど、デメリットを考えてみた。
無理矢理考えなければならないくらい、メリットに比べデメリットが少ないことに気付く。
処分してしまったモノの、ほとんどはもう一度手に入れることが可能だ。
そんなことは今のところないけど…

ただ、万が一のことを考えて、下着くらいは多少(4〜5日分くらい?)の枚数は置いておいたほうが良いのか…
これから寒くなってくると体調を崩すこともあるだろうしね…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ