写真の編集はこれひとつで大丈夫! 「Snapseed」の使い方

SnapseediPhoneで撮影した写真をTwitterやInstagramに投稿している人は多いだろう。
ほとんどの人が、撮影した写真をそのまま投稿するのではなく、アプリで加工しているんじゃないかな。

僕が最近使っている写真加工アプリ、Snapseedをご紹介しよう。


SnapseedSnapseed – Google, Inc.

スポンサーリンク

Snapseed起動

“Google”の誇らしげな文字。
Snapseed_h
Snapseedは2012年9月にGoogleに買収され、おかげで無料で使えるようになった。
でも、特にGoogleアカウントでログインを求められることはない…

[写真を開く]をタップ。
Snapseed_a

[OK]を選択することで、iPhoneのカメラロールなどの画像を開くことができるようになる。
Snapseed_b

右下のペンアイコンをタップすると、編集項目が開く。
Snapseed_c

9種類のツールと、
Snapseed_d

12種類のフィルタを使うことが可能だ。
Snapseed_e

ツールの基本的な使い方

[画像調整]では、画面を上下にスワイプして[明るさ][コントラスト][彩度]など項目を選び…
Snapseed_f

さらに左右にスワイプすることで、レベルを調整することができる。
Snapseed_g
他の編集も、基本的には上下で項目を選び、左右でレベルを調整する形になっている。

[変形]で視点を微調整したり、
Snapseed_i

[部分調整]で、選択したところを部分的に[明るさ][コントラスト][彩度]を調整することも可能だ。
Snapseed_j

また、[シミ除去]で被写体などについた汚れを、まわりに馴染ませて消してしまうこともできる。
Snapseed_k

[ツール]や[フィルタ]の使い方が分からない場合は、編集画面の左上の[?]をタップすることで、チュートリアルが開く。
とても親切なシステムだ。

編集した画像は、右上の[保存]で各種形態で保存することも、
Snapseed_l

右上の[]>[共有]で、TwitterやInstagramなどに直接使うことも可能だ。
Snapseed_m

まとめ

先日紹介したカメラアプリで、撮影時点で高品質な写真を撮ることができればいうことはない。

ディフォルトより優秀!? 使えるiPhoneのカメラアプリ3選
ハード面は新型が出るたびに、ソフト面は新iOSがリリースされるにつれ強化されてきたiPhoneのカメラ機能。 最近はディフォルトでもふ...
しかし、「思ったより暗かった…」「水平になっていない…」「撮影時には気が付かなかったものが写っている…」などは、素人カメラマンではよくあることだ。
そんな残念な写真でも、このアプリを使えば最低限イイ具合に調整することができる。

またそうじゃなくても、ふつうの写真をフィルタなどを使って雰囲気があるものに加工するのもおもしろい。

簡単に、しかも無料で使えるSnapseedをインストールしておけば、カメラの楽しみがさらに広がるに違いない。

SnapseedSnapseed – Google, Inc.

もちろんAndroidアプリもある。
SnapseedSnapseed Google Inc.
googleplay2

スポンサーリンク
関連するコンテンツ