小型軽量にこだわる四角大輔氏が選ぶ、各種ケーブルとその他重要ガジェット【その1】


以前このブログでも紹介した四角大輔氏の小型軽量電源まわり。

小型軽量にこだわる四角大輔氏が選ぶ電源まわり

予告どおりMac Fan 2017年7月号で続編(?)、各種ケーブルとその他重要ガジェットが紹介されている。

スポンサーリンク

Anker モバイルバッテリー


都市部というより山野を移動しているイメージが強い四角氏。
そんな氏にとってモバイルバッテリーは必須といって良いだろう。

使用しているのはモバイルバッテリーの最大手、Ankerの大容量モデルだ。
10,000mAhでは世界最小最軽量モデル(発売当時)のAnker PowerCore 10000と、さらに大容量のAnker PowerCore 13000を使い分けているという。

Ankerのモバイルバッテリーは独自技術PowerIQとVoltageBoostを搭載しているので、接続機器を自動的に感知するだけでなく使用しているケーブルの抵抗を検知し、最適な電流・電圧で最高速で充電することができる。

GoPro


ハウジング(防水ケース)なしで10m防水になったGoPro HERO5。
さらに小型軽量なので、四角氏のようなアウトドアで使うカメラとしては、これ以上のものはないかもしれない。

HERO5は “Black” と “Session” の2モデルあるが、四角氏が使っているのはSessionのようだ。
SessionはタッチディスプレイやGPSが非搭載、RAW・WDRでの撮影不可、バッテリーの取外し不可など、性能的にはBlackに一歩二歩譲ってしまう。

一方でサイズは比べるまでもなく、重量もBlackが117gに対しSessionは72gと圧倒的に軽量だ。
小型軽量にこだわる四角氏らしい選択といえそうだ。

F.G.S USBType-C to USB Aケーブル


四角氏がモバイルバッテリーからの充電時に使用しているケーブル。
ケーブル直径が2.7mmと極細で、最大電流2.1Aで急速充電に対応している。
さらに表面はTPE素材で、変形しにくく適度な柔軟性で5000回以上の曲がり耐久性があるという。

Roiciel USBType-C to microUSB変換アダプタ


上述のF.G.S USBType-C to USB AケーブルをmicroUSB対応ケーブルとして使うためのアダプタ。
これを使うことでケーブル類を1本節約でき、持ち物の軽量化に寄与できるという。

まとめ

GoPro以外のモバイルバッテリーやケーブル類が、すべて白に統一されていることが分かる。
iPhoneやMacBook付属の周辺機器のカラーに合わせているのだろう。
小型軽量だけでなく、ビジュアルにもこだわっているところも、四角氏の美意識のひとつといえそうだ。

四角氏使用のiPhone 7も、白ベゼルのシルバーモデル(?)のようだ。

iPhone・iPadは、シルバーがオリジナル色なのか!?

スポンサーリンク