ついに発売開始!ユニクロ エアリズムマスク ブラック 今度はLサイズを購入!


ついに(個人的に)切望していたユニクロ エアリズムマスクのブラックが発売された。
さっそく購入した。
今回はLサイズだ。

スポンサーリンク

ユニクロ エアリズムマスク ブラック

以前パッケージはカラー別に用意されていたようだが、今回から共用になったようだ。

ベージュとブラックが追加され、カラーバリエーションが増えたからだろう。
経費削減、エコロジー…

カラー・サイズはシールで区別されている。

真っ黒、漆黒 素晴らしい…

今回はLサイズ。

なぜか?

Lサイズにした理由とサイズ比較

今までユニクロのエアリズムマスクは、初期モデルのホワイト、改良版のグレーと、いずれもMサイズを購入してきた。
しかし改良版でフィット感が増したせいか、鼻を圧迫されている、潰されている感覚がある。
これは改良版になって、Lサイズの方が良いのではないか、ということで今回はLサイズを購入してみた。

サイズを比較してみよう。
上のグレーがMサイズ、下のブラックがLサイズ。

二つ折りにした段階で、ひと回り大きい。

広げると、Lサイズがかなり大きいのがわかる。

耳にかける部分の長さは、それほど変わらないようだ。

カタログの数値では、Mサイズが横幅220mm 高さ120mm、Lサイズが横幅230mm 高さ145mmになっている(いずれも二つ折りの状態)。
僕の場合はグレーは使い込んで洗い込んでいるので、縮みはほとんどないと思うが、シワがあるので若干小さくなっているかもしれない。
そのせいか、数値以上にMとLの差は大きくみえる。

実際に着用すると、Lサイズは鼻の付根からアゴが完全に覆われている。
顔の半分、というより2/3が隠されている感じだ。
帽子を目深に被れば、ほとんど目しか見えていない。

着用感も、Mサイズにあった鼻の圧迫感はまったくない。
やはり改良版はLサイズの方が良いみたいだ。

まとめ

マスク選びの旅も、ようやく終わりそうだ。

これまで、ユニクロのエアリズムマスクは初期モデルのホワイトと改良版のグレー、無印良品の「繰り返し 使える 三層マスク」、イチーナの「縫い目のない3Dニットマスク」など、様々購入してきた。

無印良品の「繰り返し 使える 三層マスク」購入!

香川県の手袋メーカー イチーナの「縫い目のない3Dニットマスク」購入!

しかし、ユニクロ エアリズムマスク ブラック Lサイズで打ち止めになりそうだ。
ありがとうユニクロ…


こちらの投稿もいかがですか

主にマスクはユニクロのエアリズムマスクを使っている。 ▷ やっと買えた! ユニクロのエアリズムマスク 洗濯機で洗えるからだ。...
スポンサーリンク