Amazonはいつも突然に!? 新型「Echo Show」日本発売!


Echo Show(第1世代/日本未発売)の販売が終了し、FireにShow Mode機能が搭載されCharging Dockが販売された。

これは日本でも使いたい! 「Show Mode」でAmazon FireがEcho Showになる!?

このことから、Echo ShowはFireにとって代わられるのだろう、と予想していたのだが違った。

2018年9月21日、新型iPhoneが発売される裏(?)で、新型Echo Showが発表され日本でも予約が開始されている。

スポンサーリンク

Echo Show(第2世代)

Echo Show(第2世代)になって、もっとも変わったところはディスプレイ。
前機(第1世代)の7インチから10.1インチに大型化された。
これによりフロント部分がすべてディスプレイになり、前機では前面下部にあったスピーカーが背面左右に移動している。

サイズは187x187x90mm 1170gから246x174x106mm 1768gと一回り(以上!?)大きく重くなっているが、据え置き型端末なので特別不便はなさそうだ。

逆にいえば変更点はこれくらいで、プロセッサ(Intel Atom x5-Z8350)やカメラ(500万画素)などに変更はなく、性能的なスペックアップはない。
このあたりはFireシリーズの新型モデルリリースと同じような感じだ。

とはいえ、ディスプレイの大型化は大きな進化といって良いだろう。
Echo Spotではオマケ程度の2.5インチディスプレイが、Echo Show(第2世代)では実用的になった。
Amazon Prime VideoやブラウザでYouTubeを視聴することもできるという。

発売は2018年12月12日。
価格は27,980円だが、現在5,500円オフの22,480円で予約受付中だ。

まとめ

Echo Show(第2世代)は、とても魅力的な端末だ。
ディスプレイが10,1インチになり、ステレオスピーカーが強化されたことで、動画視聴・音楽再生端末としても優秀。

しかしEcho Showは、あくまでAlexa端末。
裏技でGooglPlayが使えるFireと比べてできること、汎用性は限られている。

僕はFireのAlexaが日本語に対応し、Show Modeが使えてCharging DockがAmazon.co.jpでも販売されることを期待して待ちたい。
それまでは丸くてカワイイEcho Spotを愛用するつもりだ(とはいえEcho Showが1万円台で販売されれば買うかも…)。

専用の角度調節スタンドも同時発売される。
ディスプレイが重要視されるEcho Showには有用なアイテムだろう。


こちらの投稿もいかがですか

Amazon「Echo Spot」は予想以上にカワイイ奴だった!
予約していたAmazon「Echo Spot」が、予定どおり2018年7月26日に到着した。 さっそく見てみよう。 Echo S...
スポンサーリンク