キーボード沼第2章!? PFU Happy Hacking Keyboard Lite2購入!


ノートパソコンスタンドを導入して快適だ。

熱暴走を防ぎ姿勢も矯正する! アイリスプラザ「ノートパソコンスタンド」購入

MacBook Airが宙に浮いているので、これからの季節熱暴走も抑えられそうだ。
何よりもディスプレイが高くなって、デスクに向かうときの姿勢も良くなった。

ただキーボード部分が斜めになるので、若干入力しづらい。
これは手前にキーボードを置けば良いのではないか、ということでキーボードを物色してみた。

スポンサーリンク

中古良品HHKB

今までモバイル用のキーボードは各種購入してきたのだが、本格的な据え置き型(?)は初めて。
すると当然のごとくHHKBに行きつく。
コアなファンも多い、有名なキーボードだ。

ただし高価。
2~3万円以上は、僕のような貧乏人には試しに出せる金額ではない。
調べてみると、過去には6,000円程度の安価(?)なモデルも販売していたようだ。
現在は販売終了になっているようだが、中古で程度が良いものもあるかもしれない。

ということで入手することができた。

PFU Happy Hacking Keyboard Lite2

中古品なので現物のみ。

ケースも説明書的なものもナシ。
その分、安く購入できた。

新品同様の謳い文句に偽りなく、スペースキーにもテカリなどなく、梨地がきれいに残っている。

キーもすべて反応し、機能にも問題なし。

接続はUSB。

2mあるケーブルはまとめてノートパソコンスタンドの下に。

MacBook Airの右USBポートに接続。

設置完了。

まとめ

使用感は悪くない。
キー配列が特殊なのだが、すぐに慣れた。
むしろ、この配列のほうが無理がないような気がする。
Lite2にはfor MacというMac専用のものもあるようだが、僕はこちらで十分だ。
こんなことなら、もっと早く導入するべきだったか。

HHKBは静電容量無接点方式で有名だが、残念ながらLite2はメンブレン方式。
だから打鍵感は2~3万円以上する上位モデルとは、根本的に違うようだ。
そもそも押下圧が、上位モデルが45gに対し、こちらは55g。

そうなってくると上位モデルが気になる。
しばらく、これを使ってみて行く行くは…
新たなキーボード沼に、ハマっていくようだ…




こちらの投稿もいかがですか

いつもの(?)高城剛氏のメールマガジン「高城未来研究所『Future Report』」のQ&Aコーナー。 お薦めのキーノードを...
スポンサーリンク