起動10秒! これでスキャナーが不要だ!! SNAPLITEを買った【追記あり】

IMG_0632
SNAPLITE(スナップライト)を買った。

スポンサーリンク

SNAPLITEとは

iPhoneをデスクライトの上に置き、iPhoneのカメラを使って高性能スキャナに早変わり。手ブレや影の映り込みを抑え、誰でもカンタン・キレイに撮影できます。
普段はデスクライトとして使用いただけます。電球のような暖かい色と白い色の2色のLEDライトを搭載し、色・明るさをiPhoneからコントロールすることもできます。

開封

箱はこんな感じ。
IMG_0613
意外と大きい。

フタを開けると…
IMG_0614
いきなり本体。
非常にシンプル。

中身は、本体・電源アダプター・ロゴマークのステッカー・マニュアル…
IMG_0617
これだけ。

マニュアルに記載されているのも、これだけだ。
写真

本体

高さ、約360mm。
低部分の大きさは、約150mm×7.5mm。
LEDライトは、白熱灯のような暖色と、蛍光灯のような白色が切り替え可能。
IMG_0629IMG_0630

【追記①】

カスタムした。

「SNAPLITE シェード」で、SnapLightをカスタマイズする

SNAPLITEの使い方

設定方法

  1. iPhoneにSnapLiteアプリをインストール。
    SnapLite – PFU LIMITED

  2. iPhoneのBluetoothをオン。
  3. SnapLiteを起動。
  4. iPhoneを本体の上に乗せる。
    IMG_0622
  5. ペアリングできれば、あとはアプリの指示に従い、撮影するだけだ。

撮影方法

試しに、オマケのステッカーを撮影してみる。
IMG_0635

本体下部の、光っているリスマークをタップするだけ。
IMG_20140803_131226

アプリが自動的に、不要な部分をカットしてくれる。
IMG_0636
逆さまになっている。

加工編集することも可能。
IMG_0638

良い点

  • 操作が直感的で、非常にお手軽。
    アプリをインストールし、Bluetoothをオンにすれば、あとは撮影するだけ。
    数枚のデータ化に、わざわざScanSnap(スキャンスナップ)を起動する必要がなくなった。
  • デザイン
    スキャナーとしてだけでなく、デスクライトとしてもオシャレなデザイン。
    色、質感共に、Apple製品とよく馴染む。

気になる点

まとめ

スキャナーとしてはもちろん、ブログ用のガジェット等の撮影にも使えそうだ。
デスクライトとして、暖色と白色が切り替えられるのも良い。
何よりデザインがオシャレだしね。

それにしても、ミニマリストを目指す、と言いながら、SNAPLITEやAnkerのUSB急速充電器とか、買い過ぎだね。
でも、処分したいものの中に、ガジェット類は入ってなかったんで、まぁイイか… 
どちらも、買って正解だったし…(←言い訳)

スポンサーリンク