羽毛を使わない防寒ベスト! ユニクロの「ヒートテックウォームパデッドベスト」購入

ユニクロのオンラインストア-を使っていると、誕生月に5,000円以上購入で使える、500円のクーポンをプレゼントしてくれる。
今月は僕の誕生月なので、ありがたく頂いた。
これを有効に使おうということで、気になっていたものを購入することにした。
「ヒートテックウォームパデッドベスト」だ。

スポンサーリンク

ユニクロ ヒートテックウォームパデッドベスト

一見、ユニクロの定番商品「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」に見える。
しかし中綿に使われているのは、羽毛ではなくヒートテック繊維を持った中綿シート。

前合わせは、ジッパーではなくボタン。

左右のハンドポケットにもジッパーは使われていない。

内側に謎のボタンが。

襟部分を内側に折り込み、一番上のボタンをここに留めると、

襟ぐりを深くすることができる。

重ね着するアウターに合わせて、使い分ければ良さそうだ。

左内側に内ポケットに、ドローコードがつながっている。

出してみると巾着袋。

ヒートテックウォームパデッドベストが、ちょうど入るサイズだ。

これをバッグに入れておけば、急に寒くなった時に重宝かもしれない。

ヒートテックウォームパデッドベストは暖かいのか?

ユニクロは “保温性抜群” と謳っっているが、ウルトラライトダウンなどと比べ、実際に暖かいのだろうか。
連日の猛暑が続く今の季節では、残念ながら確認することができない。

ただ、ヒートテック中綿でもなんでもない、ふつうの中綿キルティングのM65キルティングライナーでも、アウターとして機能するくらい暖かい。
少なくとも大阪の冬を越すくらいには、十分に機能している。

季節はずれの「M65キルティングライナー」コーディネート

そう考えると、暖かさは期待できるのではないかと思う。
実際のところはオンシーズンになってから追記したい。

まとめ


僕はヴィーガンではない。
肉も食べるし魚は好物だ。
しかし数年前から、衣服に関してはできるだけ、革や羽毛などの動物性のものは買わないようにしている。

昔は革ジャンに革パン、ブーツ、さらにベルトやサイフの小物まで革製品が大好きだった。
しかし今は大半を処分した。
アディダスのスタンスミスも、革製から合成皮革製に買い替えた。

ムダ使いのスパイラル!? アディダス スタンスミス再購入

もちろん、革製品や羽毛製品を着る人を批判するつもりはない。
それらの素材が持っている優秀性は、かつて愛用していた僕はよく知っている。
単純に今後は、僕は使わないというだけのことだ。

これまで使っていたウルトラライトダウンベストは処分して、これからはヒートテックウォームパデッドベストで冬の寒さを乗り切る予定だ。

ちなみに、ヒートテックウォームパデッドベストは3,990円。
これだけでは5,000円に満たないので、年中愛用しているドライカラークルーネックTシャツを2枚購入した。
合わせて5,170円。
ほぼ5,000円でムダなくクーポンを使うことができた。


こちらの投稿もいかがですか

先日、ユニクロのスウェットフルジップパーカ(長袖)を、ネット通販で購入した。 ▷ ハッカーのユニフォーム!? ユニクロの「スウェッ...
スポンサーリンク