いろいろ試した結果、僕はAppleのEarPodsを使う! そのメリットとデメリット


たいしてこだわっているわけではないが、今までいくつかのイヤホンやヘッドホンを使ってきた。

今さらながら? Amazonプライムデーで「BeatsX」を購入!

ポップでレトロなBluetoothヘッドホン「JLAB AUDIO Rewind Wireless Retro Headphones」

バカ耳なので、あまり高価のものは購入してこなかったが、ある結論に達することができた。
僕はAppleのEarPodsを使うことにした。

スポンサーリンク

Apple EarPods

最近AppleではAirPodsが主流だ。

ノイズキャンセリング機能など、その優秀さは様々なところで語られている。
僕もブラックモデルが出れば、購入を検討するつもりだった。

しかし今は有線モデルである、EarPodsを使うことにした。
総合的にみて、機能性が高いからだ。

とはいえ、当然メリットとデメリットがある。

EarPodsのメリット

安価

価格に関してはAirPodsと比べるまでもない。
AirPodsは3万円近いし、Proに至っては4万円近い。

一方EarPodsは、最近円安の影響で値上がりしたとはいえ、3千円弱。
約1/10の価格だ。

充電が必要ない

EarPodsに限らず、有線イヤホンにはバッテリーがない。
したがって、AirPodsのように充電の必要がない。

いざという時に充電切れで使えない、という心配がない。
聞きたい時に、いつでも使えるのだ。

紛失する可能性が少ない

AirPodsでよく聞くのが、片方を紛失したということ。
耳に装着して歩いていると、気づけば片方失くなっていた、というものだ。

EarPodsにはその心配がない。
左右繋がっているので片方だけ落とすことはないし、使用中はiPhoneなどに接続しているいるので、そもそも失くす心配もない。

高機能

EarPodsだけでiPhoneをある程度操作することができる。

iPhone付属のイヤホン「EarPods」の便利機能が、こんなにあるなんて知らなかった…

マイクも付いているので、ZOOMを使ったウェブ会議などでも、ふつうに使うことができる。

音質もそこそこなので、高価なマイクやヘッドセットは不要だ。

Amazonやセブンイレブンで購入可能

以前はAppleの実店舗かウェブストアで購入する必要があった。
しかし最近はAmazonやセブンイレブンで購入することができる。
欲しい時に、いつでも気軽に購入することが可能だ。

その他

これはEarPodsに限らず、有線イヤホン全般にいえることではあるが、

  • 音切れがない
  • 遅延がない

などのメリットもある。

EarPodsのデメリット

コードが煩わしい…

有線イヤホンであるEarPodsは、iPhoneなどの端末にコードで繋がっているし、左右のイヤーパッドも繋がっている。

Bluetoothイヤホンなら端末と離れていても使える。
特に最近のBluetoothは数10m離れていても、音声が到達するものもあるという。
自宅で自室からリビングへ移動する程度なら、端末を持ち歩く必要も、イヤホンを装着し直す必要もなさそうだ。

iPhoneに付属していない…

以前はおまけとして(?)iPhoneに付属していたEarPods。
しかしiPhone 12から付属しなくなった。

防水防塵性能を高めるため、イヤホンジャックを廃止したのも、EarPodsが付属しなくなった原因のひとつかもしれない。
あるいは、高価になりすぎたiPhoneの価格を、少しでも抑えることも理由とした考えられる。

確かに、iPhoneを買い換えるたびに増えていくEarPodsは、邪魔になることもあった。
しかし、いざなくなってみると、寂しく感じるのは僕だけだろうか。

まとめ


とはいえ、EarPodsのイヤーパッド部分は、僕の耳になじまない。
そのまま付けていると、どういうわけか右耳だけすぐに外れるのだ。
どうやら僕は、EarPodsに選ばれし人間ではないようだ。

そんなわけで、いくつかのイヤホンカバーを試してきた。

リモートワークの最適解!? Apple EarPodsをシリコンカバーでフィット感倍増!

しかし今は、Amazonや100均でも買える、ふつうのウレタンカバーを使っている。
音質も多少まろやかになって、個人的にも好みだ。

当面、このセットでEarPodsは使っていくことになりそうだ。

EarPods with 3.5 mm Headphone Plug
Apple


こちらの投稿もいかがですか

2022年6月7日欧州連合(EU)議会にて、EU加盟国内で販売されるすべてのモバイル機器は、USB-Cポートが必須という決議がなされた。...
スポンサーリンク