グレゴリー テールメイトSが知らない間に進化していた

tailmate2_a
ほぼ毎日のように愛用している、GREGORY(グレゴリー)テールメイト。
ほんとうは処分する予定だったんだけど、米国製が製造終了だと知り、貧乏根性を起こして置いておいた。
結果的には正解で、外出時の作業をiPad mini2+キーボードケースで行うようになって、必需品になった。

グレゴリー テールメイトSの米国製が生産終了だと知って、処分を保留したんだけど、結果的には正解だった
もう20年近く使っているグレゴリー テールメイト。 Sサイズで39.5×16×13cmの大きさで、8Lの容量があるから、チョットしたデ...
フィリピン製になった新しいテールメイトだけど、変わったのは生産国だけではなかった。
いろんなところがマイナーチェンジされていた。

スポンサーリンク

インナーポケットがある!

パッド入り背面パネルの裏側内部に、ジッパー付きのメッシュポケットがある。
tailmate2_b

ちなみに、コレが僕のテールメイト…
tailmate2_c
背面パネルのキルティング状になったパッドがそのまま見えている。

変な仕切りがなく、内部を自由に使えるのがテールメイトのイイところなんだけど、このポケットは便利そうだね。
形状から厚みがあるものは無理っぽいけど、サイフや手帳、スマートフォンくらいは入りそうだ。
外国に行った時などは、パスポートなんかを入れておくにはちょうど良いかも知れない。

ジッパータブが黒いモデルがある!


以前はボディーの色はバリエーションがあっても、ジッパータブは共通でブラウンだけだった。
僕は黒がよかったので、わざわざ別売りの黒いジッパータブを購入して付け替えた(カスタム大好き!)。

それが今はディフォルトで黒いジッパータブのモデルが販売されている。
まぁ、手間は減ったけど、カスタムの楽しみも減ったかな…

まとめ

生産国がアメリカからフィリピンの変わったこと自体は、良いか悪いかそれぞれの意見があると思うんだけど、こういったマイナーチェンジはイイんじゃないかな。
少なくとも利便性は上がるし、カラーデザインの選択肢も広がる。

デザインが馴染んだものや、今までの状況や環境が変わることを嫌ったり恐れたりする人も少なくはないけど、僕はあらゆるものは常に変化すべきだと思う。

変化がなければ、今より良くなることは絶対にないからね…
失敗したら戻ればイイだけだ…


こちらの投稿もいかがですか

荷物は軽量コンパクトが正義! 現在のEDC(Everyday Carry)2014
移動が多い仕事なので、荷物は極力軽量コンパクトにしたい。 現在の僕の外出時の持ち物を紹介する。 ① グレゴリーテールメイト 処分す...
http://re-cyberrat.info/post-6716

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ