テレビもスマホで見る時代!? テレビ番組無料配信サービス TVerを試す

TVer若年層のテレビ離れが進んでいることは、以前から何度も話題になっている。
インターネットが発達し、スマートフォンなども一般化したことにより、娯楽の選択肢が広がったことが理由のひとつと考えられている。

もうすでに若年層を過ぎて数十年たった僕も、テレビ受像機を処分してこともありテレビをあまり見なくなった。
nasneで深夜アニメを録画して、iPadで週末に見るくらいだ。

僕の場合は見たいと思える番組が少なくなってきたことが大きな理由ではあるけど、何よりも社会人になると残業や付き合いで不規則な生活になり、見たい時にテレビの前にいられない、というのも理由のひとつになる。

しかし、そんな悩みを解消するサービスが登場した。
民放公式テレビポータル TVerだ。

僕も試しに使ってみた。

TVer民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 – PRESENTCAST INC.

スポンサーリンク

TVer(ティーバ)とは

在京民放5社(日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社 TBS テレビ、 株式会社テレビ東京、株式会社フジテレビジョン)が連携した初めての公式テレビポータル。それは、各局の番組を好きなときに自由に楽しめるようになるキャッチアップサービスです。さあ、あなたも新しいスタイルでテレビを楽しむ、TVer(ティーバー)に!【TVer公式サイト】

民放5局のテレビ番組をパソコンやスマートフォンで、ウェブブラウザかアプリを使って視聴できるというものだ。
ストリーミングなのでネット環境が必要ではあるが、スマートフォンやタブレットでアプリを使えば、場所と時間を選ばず番組を見ることができる。

TVerの良い点

いつでもどこでも、見たい時に見たい番組が見られる

以前からワンセグでテレビ視聴ができる携帯電話もあったが、基本的にはリアルタイム視聴だった。
TVerは放送時間外でも放送後、翌週に次の回が放送されるまでの約1週間、番組を視聴することができる。

パソコンやスマートフォンなどで、いつでもどこでも見たい時に、しかも無料で見ることが可能だ。

TVerの残念な点

ホーム画面が横表示に対応していない

再生が始まると横画面に表示されるのだが、ホーム画面は縦にしか表示されない。
僕はiPadをスタンドに立てて使ってるんで、非常に不便だ。

それほど複雑な仕組みでもないと思うので、ホーム画面で番組を選ぶ時も横画面に対応して欲しい。

局によっては、各局独自のサービスアプリが必要

テレビ東京の番組を選択すると、「テレビ東京動画プレイヤー」を起動するアラートが出て、別アプリで視聴することになる。
他の局はTVerで直接見られるのに、これチョット不便だ…

TV tokyoテレビ東京動画プレイヤー – TV TOKYO Communications Corporation

まとめ

当初は視聴できる番組数が少ないことが懸念されていたようだけど、現在ではアプリの累計ダウンロード数も200万を突破してユーザーも増えてきているようだ。

違法な動画配信の防止・対抗が目的とはいえ、腰の重かったテレビ業界が、ようやくネットを使って視聴者の獲得を目指したことは、単純に評価してもイイんじゃないかな。

後は見たいと思えるテレビ視聴が増えることだけど、コレは製作者側の問題だ…


こちらの投稿もいかがですか

いよいよ、テレビを処分しようか、と考えている

テレビを処分して1年… 生活は何か変わったのか? 今後のテレビのあり方は?

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ