僕が好きなサイバーパンク映画3選+α!


小説、アニメ、ゲームなど、僕はサイバーパンクが好きだ。
僕の好きなサイバーパンク映画を紹介しよう。

スポンサーリンク

トロン


世界初の本格的CG導入映画。
そして僕が知る限り、世界初のサイバーパンク映画だ。

制作はディズニー。
ディズニーが、CGを多用したサイバーパンク映画を造ったというのも少し意外だ。

ゲーム盗作の証拠をつかもうと、コンピューターにハッキングした主人公がコンピュータ内に取り込まれてしまう。
現実世界をも独裁的に支配しようとするゲーム会社、主人公はプログラム世界に戦いを挑む…

とにかくコンピュータ内部の映像が美しい。

28年の時を経て、続編の「トロン: レガシー」が制作されている。

さらに本作と「トロン: レガシー」の間を描いたアニメ、「トロン:ライジング」もある。
こちらはディズニー・チャンネルで配信されている。

いずれも必見だ。

トロン:オリジナル
Amazonプライム・ビデオ

JM


サイバーパンクの旗手、ウイリアム・ギブスンの「記憶屋ジョニイ」(短編集「クローム襲撃」収録)が原案で、ギブスン自身も脚色として参加している。
タイトルの “JM” は、「記憶屋ジョニイ」の原題、Johnny Mnemonicの頭文字。

脳に記憶装置を埋め込んだ “データの運び屋” である主人公が、殺し屋に狙われる…

主演はキアヌ・リーブス。
共演は北野たけし。
北野たけしは、データを狙うヤクザのボスを演じている。
娘の3D映像を観るシーンは、同じくギブスンの「モナリザ・オーヴァドライヴ」からの引用か。
ハリウッド版「攻殻機動隊」の荒巻ではメタメタだったが、この作品の北野たけしはイイぞ。

現実のパソコンやIT技術が進みすぎて、本作のスペック(脳の記憶領域が最大160GBしかない…)がショボいけど、それを補ってあまりある楽しさだ。
特にウイリアム・ギブスンファンなら必見の一作だ。

JM
Amazonプライム・ビデオ

マトリックス


いわずと知れたサイバーパンク映画の金字塔。

この世界はコンピュータ=AIが創った仮想現実。
現実を取り戻すべく天才ハッカーの主人公が、現実と仮想現実の間を行き来して戦う…

主演は、またしてもキアヌ・リーブス。
東洋の血が少し入ったキアヌは、ほんとうにサイバーパンクが似合う。

監督はウォシャウスキー兄弟(当時)。
彼らはギブスンの「ニューロマンサー」を映画化したかったのだが、諸々の事情で断念しオリジナルストーリーにしたようだ。
しかし、そもそもタイトルの “マトリックス” も、劇中に出てくる “ザイオン” という文言も「ニューロマンサー」に出てくる言葉。
それくらい「ニューロマンサー」に影響を受けているということだろう。

ウォシャウスキー兄弟はその後、ふたりとも性転換しウォシャウスキー姉妹となる。
人生の前半を男性として、後半を女性として生きるふたりが、一番サイバーパンクかもしれない。

続編の「マトリックス リローデッド」、3作品目の「マトリックス レボリューションズ」、番外編ともいうべき「アニマトリックス」、そして今年(2021年)4作目となる「マトリックス レザレクションズ」が公開される。

マトリックスの世界は、まだまだ終わりそうにない。

マトリックス
Amazonプライム・ビデオ

まとめ

サイバーパンクには、狭義と広義があるといわれている。
狭義はコンピュータやインターネットなどを扱った、本来の意味でのサイバーパンク。
今回紹介した3作品は、いずれも狭義のサイバーパンクといって良いだろう。

広義とは、コンピュータやインターネットなどを扱っていなくとも、世界観がディストピアでサイバーパンク的な作品。
「ブレードランナー」や「AKIRA」がそれに当たるだろう。

僕は原理主義者ではないので、「ブレードランナー」や「AKIRA」もサイバーパンクでイイと思っている。
「ブレードランナー」や「AKIRA」は僕も大好きな作品だからだ。

ブレードランナー ファイナル・カット
Amazonプライム・ビデオ

AKIRA
Amazonプライム・ビデオ


こちらの投稿もいかがですか

知らなかった… 朝、いつものように清水亮氏のブログ「shi3zの長文日記」を読んでいると、最後に “そしてニューロマンサーをKin...
スポンサーリンク