AndroidにAmazon Appstoreをダウンロードし、アプリをインストールする方法

Amazon Appstoreのアプリのほとんどは、Google Playからダウンロード可能だ。
むしろGoogle Playにはあって、Amazon Appstoreにはないアプリの方が圧倒的に多い。

ただ稀に前回紹介したBackgrounTubeのように、Amazon Appstoreからでないとダウンロードできないアプリもある。

Amazon Appstoreのアプリをインストールするには、まずAmazon AppstoreアプリをAndroid端末にインストールすることが必要だ。

【裏ワザ】Amazon Fire タブレット 8GBに、Google Playストアにしかないアプリをインストールする方法

スポンサーリンク

Amazon Appstoreをダウンロードする

Amazon AppstoreはGoogle Playからダウンロードすることはできない。
専用のダウンロードサイトからダウンロードする必要があるので、提供元不明のアプリのインストールを許可する必要がある。

Android端末の[設定]>[セキュリティ][提供元不明のアプリ]をオンにする。

※ 安全のためAmazon Appstore、およびAmazon Appstore内のアプリのインストール後は、オフに戻しておいた方が良いだろう。

Amazon Appstoreのダウンロードサイトにアクセスし、[ダウンロード開始]をタップ。

この時、Amazonアカウントを求められる場合があるので、ID(メールアドレス)とパスワードでログインする。

[OK]をタップ。

指定の場所(多くの場合はDownloadフォルダ)にAmazon Appstoreのapkファイルがダウンロードされているのでタップ。

[インストール]をタップ。

インストールされた。

Amazon Appstoreからアプリをダウンロードする

Amazon Appstoreを起動し、[続行]をタップ。

[マイアプリ]を選択。

もちろん、ここから直接アプリを選択し、インストールすることも可能だ。

前回紹介したBackgrounTubeの[インストール]をタップ。

Fire HD 8でYouTubeをバックグラウンド再生するアプリ!「BackgrounTube」の使い方

[インストール]をタップ。

[インストール]をタップ。

インストールされた。

当然、ふつうに起動する。

再生も可能だ。

もちろん、バックグラウンドでも再生できる。

まとめ

iPhoneやiPadなどのiOS端末は、App Storeから以外にアプリをインストールすることはできない(脱獄端末を除く)。

Android端末も基本的にはGoogle Playを使うが、Amazon Appstoreなどサードパーティー製のインストーラーを使うこともできる。
またパソコン(Mac)を使ってインストールすることも可能だ。
そんな自由度の高さがAndroidの魅力のひとつではある。

しかし逆にいえば、個人情報を抜き取る機能が搭載されていたりするなど、危険なアプリも簡単にインストールできてしまう。
ネットで拾ってきた野良アプリを安易にインストールしないことはもちろんだが、Google PlayやAmazon Appstore内のアプリも、よく確認して怪しいアプリには手を出さないことが重要だ。


こちらの投稿もいかがですか

【裏ワザ】root化しないでAmazon Fire タブレットにGoogle Playをインストールする方法
先日からクラッシュしたiPad 4(第4世代)に代わって、Amazon Fire タブレットを使っている。 意外とパフォー...
スポンサーリンク