PR

やはりゲーム熱再燃!? ゲームボーイカラー互換機FPGBC購入!【組み立て編】


ゲーム熱が再燃しつつあることは、以前このブログに書いた。

ゲーム熱が再燃!? 「サイバーパンク2077」をプレイするゲーム機の購入を検討する
最近ゲーム熱が再燃している。 たまにNintendo Switch Liteで遊ぶくらいだったのが、ちょっとガッツリとゲームをしたいと思うようになった。 以前このブログでも紹介した「サイバーパンク2077」も、まだプレイしていない。 「ウォ...

「サイバーパンク2077」をプレイするために、新たなゲーム機の購入を検討していて、一応Steam Deck LCDに決めた。
しかし、せっかく購入するなら、有機ELディスプレイを搭載した最新のSteam Deck OLEDの方が良いのではないか、と考えているうちに、まったく別のものを購入してしまった。

ゲームボーイカラー互換機、FunnyPlaying社のFPGBCだ。

FunnyPlaying社とは

2015年に設立された、レトロゲームの新商品開発に取り組む会社。
少し調べてみたが会社住所は分からなかったが、香港から送られてきたので、そのあたりにある会社だろう。
製品レベルは高く、レトロゲームマニアの評価も高い。

FunnyPlaying
We specialize in preserving the essence, sentiment, and nostalgia of retro gaming by producing modern solutions for hand...

FPGBC

ネーミングはFunny Playing Game Boy Colorの頭文字を取ったものだろう(分かりやすい…)。
ゲームボーイやゲームボーイカラーが遊べるだけでなく、電池式ではなくバッテリー充電式で、しかもUSB-Cで充電できるのが特徴。

ただし、すべてのソフトが起動できるわけではないので注意が必要だ。
起動しないソフトに関しては、今後のファームウェアアップデートや、基盤の交換で対応するという。

また、すべてパーツで送られてくるので、自分で組み立てる必要がある。
というとハードルが高そうだが、ハンダ付けなど複雑な作業はないので、プラモデルを造るくらいのレベルでできそうだ。

ただし一点、特殊な器具が必要になる。
本体前後をネジ止めするのに、Y字ドライバーがいる。
互換機なので+ネジでも良さそうだが、そこはやはりオリジナルの仕様にこだわったのだろう。

僕はiPhone用に購入した、38in1精密特殊ドライバーAC6088AにY字ドライバーが含まれていたので、これを使った。

ギークなら一家に一台!? 38in1精密特殊ドライバーAC6088A 
昔はけっこう工具が好きで、バイクに乗っていたこともあり、いろんな工具を集めていた。 やがてバイクにも乗らなくなり、使うことがなくなったので、ほとんどの工具を処分してVICTORINOXのサイバーツール1本にした。 ハサミやプライヤー、名前の...

ない人は、あらかじめ購入しておこう。

▲ これは少し高価だが日本製なので、きちんと使えばネジを滑る危険性は少ない。

自分で組み立てるのでケースやボタンなどは、多くのカラーから選択することが可能。
自分好みの組み合わせで、オリジナルのゲームボーイカラーを造ることができる。
僕は当然ケースはブラック、ボタンはブラックもあるが、メリハリを考えてグレーを選択した。

購入する必要があるのはTYPEC GBC HOUSING、GBC Custom Buttons、GBC Replacement Silicon Pads、そしてFPGBC KITの4点。

▲ 中央下にあるシールは、TYPEC GBC HOUSINGに付属しているもの(たぶん…)。

4点で僕が購入した金額は(一部セールになっていたため)83.6ドル。
当時のレートで12,000円強。
これを高いとみるか安いとみるかは、購入者しだいだろう。

FPGBC KITの内容は基盤、ディスプレイパネル、バッテリー、スピーカー。

これらを順番に組んでいくわけだが、組み立て表やマニュアルの類は、一切付属していない。
しかしネット上に多くの先人たちが、ブログやYouTubeで手順を紹介してくれている。
それらをいくつか見ながら組み立てれば、困ることはないだろう。

ここでは簡単に手順を紹介しておく。

① TYPEC GBC HOUSING前面にGBC Custom Buttons、GBC Replacement Silicon Padsを配置{間違ったところには配置できない仕組みのなっているので安心…)。

② FPGBC KITの基盤を、TYPEC GBC HOUSING前面に3本の+ネジで固定。

③ スピーカーを配置し、コネクターを基盤に接続。

④ TYPEC GBC HOUSING背面電池ボックス部分に充電池を設置し、切り欠き部分からコネクターを出し、基盤BATに接続。※1

⑤ スイッチカバーと赤外線パネル(ダミー)を配置し、TYPEC GBC HOUSING背面をY字ネジ6本で固定(電池ボックス内下部2ヶ所は、バッテリーをずらしてネジ止め)。

⑥ ディスプレイフレキを基盤に接続し、ディスプレイ左右の両面テープでTYPEC GBC HOUSINGに固定して完成。※2

※1 多くの手順紹介では、TYPEC GBC HOUSING背面をネジ止めしてからバッテリーを接続しているが、これが非常にやりにくかった。背面固定前に基盤が見えている段階で、バッテリーコネクターを接続した方が良さそうだ。

※2 ディスプレイを両面テープで固定する前に、一度起動実験をしておいた方が良さそうだ。万が一ディスプレイに不具合があった場合、固定してしまうと外すのが面倒。

無事起動した。

ブラックボディーにグレーのスイッチが、とてもシックで美しい!
やはり、このカラーにして正解だった。

まとめ

僕は組み立てに15分ほどかかった。
前述のとおりバッテリーの接続に苦戦し、TYPEC GBC HOUSING背面を外して、バッテリーを接続し直したからだ。
これがなければ10分くらいで組み立てられたかも…

FPGBCには、オリジナルのゲームボーイカラーにはない機能がある。
実際のゲームソフトが起動するのかどうかも合わせて、次回紹介したいと思う。

 
こちらの投稿もいかがですか

すでに10年以上前にメーカー生産終了の美品! ゲームボーイミクロ入手!!
知人がガジェット類を処分するので、欲しいものがあれば譲ってくれるというので、もらってきた。 そのひとつ、任天堂 ゲームボーイミクロだ。 任天堂 ゲームボーイミクロ ブラック 大きさは101×50×17.2mm、重さも80gと名前に違わぬ超小...