Amazon Fire OSをアップデートする3つの方法


先日(2017年11月17日)、Fire HD 8をFire OS 5.6.0.0にアップデートした。

Amazon Fire HD 8にFire OS 5.6降臨! 新機能はあるのか!?

にも関わらず、本日(2017年11月23日)Fireを起動してみると、Fire OS を5.6.0.0にアップデートしました、と通知が表示されたいた。

[設定]>[端末オプション]>[システムアップデート]を確認してみると、インストール日時が “2017年11月23日,3:35” になっている…

どういう理由でか、Fire OSが再インストールされたようだ。
しばらく使ってみたが、特に変わったところも不都合もない…

それはともかく。
Fire OSのアップデートには3つの方法がある。

スポンサーリンク

自動アップデート

Fireは毎晩(?)OSのアップデートを確認しているようだ。
アップデートがあれば、一定条件(通信可能状態にある、バッテリーが充分充電されている、スリープ状態にある、など)のもとに、自動的に新しいOSをダウンロードしインストールしている。

これはOS自体にプログラミングされている機能なので、root化など特殊な作業をしなければ、現時点で自動アップデートを止めることはできない。

セキュリティ的には評価できる機能ではあるが、ディフォルトで自動アップデートのオン/オフを可能にして、個人的にはユーザーの自主性に任せて欲しいと思う。
今後のアップデートで、Google Playなどの外部アプリのインストールが不可能になる可能性もあるし…

Fireで手動アップデート

今回、僕が5.6にアップデートした方法。

前述のように、待っていれば自動でアップデートされるのだが、そのタイミングは不明。
ネットの情報をみていても、アップデートのタイミングは一斉にというわけでもなさそうだ。

そんな時は[設定]>[端末オプション]>[システムアップデート]の[アップデート]から[今すぐチェック]をタップしてみよう。
Amazonのサーバにアップデートファイルが用意されていると、アップデートできる旨が表示されアップデートボタンがアクティブになる。
[アップデート]をタップすればアップデートが始まる。

Mac・PCで手動アップデート

少し知識が必要だが、MacやPCを使ってアップデートする方法もある。

Fireタブレットのソフトウェアを手動でアップデートする【Amazonデバイス サポート】

要はFire OSをMacやPCにダウンロードし、それをFireにコピーしてアップデートするという作業だ。

各Fireの最新のOSはココからダウンロードできるが、現時点(2017年11月23日)で僕が使っているFire HD 8(第6世代)の最新は5.4.0.0.になっている…

PC(Windows)はFireを外部ストレージとして認識してくれるから比較的かんたんだが、Macはそのままでは認識してくれない。
説明にもあるように “Android File Transfer” というアプリをダウンロードする必要がある。
Android File Transferは、その名のとおりFireだけでなくAndroid端末も認識し、Macで内部・外部のファイルにアクセス可能になるので、Fire・Android使いのマカーには必須のアプリといって良いだろう。

Dropboxがダウンロードできなくなったので、他の方法でGoogle PlayストアのアプリをFire タブレットにインストールする

まとめ

ふつうは勝手にアップデートしてくれるので、ユーザーがやることはほとんどない。
まわりがアップデートしているのに自分には来ない、早くアップデートしたい時には、手動で行えば良いだろう。

ユーザーに手間をかけないのがFireの、Amazonの良いところではあるのだが、マニアにとっては自由度が少ないことが残念な部分でもある。


こちらの投稿もいかがですか

【裏ワザ】Amazon Fire タブレット 8GBに、Google Playストアにしかないアプリをインストールする方法【追記あり】
購入して以来、毎日のように愛用しているFire。 それでも不満点がないわけではない。 そのひとつが、アプリの少なさだ。 Goo...
動作が重くなったらリセット! Amazon Fire HD 8の初期化の方法
発売以来愛用しているAmazon Fire HD 8(2016)。 裏技を使ってGoogle Playをインストールし、ほぼAndro...
スポンサーリンク