12.6.3を12.6.4に! iTunesを手動でアップデートする方法


本来、iTunesの最新版は12.7.4(投稿時点)だ。
しかし僕はデベロッパー用iTunes、12.6.3を使っている。

消えたApp Storeを再表示する! iTunes 12.7を12.6.3にダウングレードする方法

アップデートされることはないだろうと、勝手に(?)思っていたデベロッパー用iTunesに、先日12.6.4がリリースされた。
新機能は “iOS11を搭載したデバイスと同期するためのサポー” と、12.6.3と同じようだが、とりあえずアップデートしておいた方が良さそうだ。

しかし前述の投稿にも記載したように、12.6.3は自動でアップデートされないので、手動で行う必要がある。

スポンサーリンク

iTunesを手動でアップデートする方法

  1. iTunesに限らずiOSなどもアップデートする場合は、万が一のために備えて必ずTime Maschineなどでバックアップしておこう。
  2. サポートページからiTunes 12.6.4をダウンロード。
    ダウンロードファイルはMac版、PC(Windows)版32bit・64bitの3種類あるので、自分の使用環境に合うものを選ぶ。
  3. ダンロードしたファイルを開き、インストーラーを展開。
  4. インストーラーの[Install iTunes.pkg]をクリック。
  5. Macのパスワードを入力し、[ソフトウェアをインストール]をクリック。
  6. [続ける]をクリック。
  7. [続ける]をクリック。
  8. [インストール]をクリック。
  9. 2分程度でインストールは終わる。

  10. インストールが完了したら[閉じる]をクリック。

これでiTunes12.6.3は12.6.4に上書きされ、アップデートされたはずだ。

iTunes12.6.4

当然(?)、ユーザーインターフェースに特に変化はない。

[iTunes]>[iTunesについて]で確認すると、確かに12.6.4(正確には12.6.4.3)にアップデートされている。

まとめ

今回はデベロッパー用iTunesで手動アップデートしたが、この方法は通常のiTunesでも使えるはずだ。
とはいえ、通常のiTunesであれば新バージョンがリリースされると、iTunesを起動した時にアラートが出て、ワンタッチでアップデートすることができる。
手動でアップデートする必要はない。

しかしデベロッパー用iTunesの場合、ワンタッチでアップデートできないだけでなく、新バージョンリリースのお知らせ(?)もない。
iTunes関連のニュースには注意しておく必要がある。

そういう意味でも、特にこだわりがないのであれば通常のiTunesを使うことをオススメする(僕は当面12.6.4を使うけど…)。

スポンサーリンク