ノマドワークに最適!コクヨのTHIRD FIELDシリーズ登場

THIRD FIELDブランドムービー


文房具やオフィス機器などを製造販売するコクヨが、「さあ、オフィスを持ちだそう」をブランドコンセプトとしたモバイルノマドワーカー向けのビジネスバッグ・アクセサリーを2021年3月10日より販売する(一部店舗では2月10日より先行販売)。

その名も「THIRD FIELD(サードフィールド)」だ。

スポンサーリンク

STAND BACKPACK

STAND BACKPACK(THIRD FIELD)


一見、ふつうの薄いデイバッグ。
しかし隠された機能が2つある。

① スタンド機能
下部が開いてスタンドになり、バッグが自立する。
メインポケットも大きく開くので、中にはいっているものを取り出しやすい。
作業デスクの広さが限られている時も、有効に使うことが可能だ。

② 2層構造
メインポケット部分が、上下2層構造になっている。
ふつうのデイバッグのように、下にばかり荷物がたまることがない。
下部のスペースには、バッグの左右からアクセスできる。
上部にはガジェット類、下部には水筒やランチボックスを入れておけば良さそうだ。

その他にも小さなポケットやジッパーポケットなどが各所にある。
充電器やモバイルバッテリー、各種ケーブル類などを便利に収納することができる。

サイズは持ち運ぶパソコンに合わせて、13.3インチ用と15.6インチ用がある。

FLAT PC BAG

FLAT PC BAG(THIRD FIELD)


13.3インチ用のパソコンケース。

① コードホルダー機能
外出先では特にジャマになる、パソコン充電器の長すぎるコードを収納するホルダー付。
バッグ収納時に便利なだけでなく、コンセントの位置に合わせて簡単にコードを伸ばすことが可能だ。

② メインポケットが大きく開く。
メインポケットの開口部が大きいので、パソコン本体はもちろんだが、充電器やマウスなど周辺機器も取り出しやすい。

STAND TOOL POUCH

STAND TOOL POUCH(THIRD FIELD)

スマートフォンと、その周辺機器を収納できるモバイルポーチ。

① スタンド機能
メインポケットが大きく開き、スナップボタンで留めることによりスタンドになる。
スマートフォンを立てかけておけば、急な連絡も見逃すことがない。

② 伸縮性のあるポケット
充電器やケーブル類、イヤホンなどを収納するポケットは伸縮性。
しっかりと固定し、移動中にポケットから飛び出すこともなさそうだ。

大きさも手頃で、インナーバッグとして良さそうだ。

STAND PHONE POUCH

STAND PHONE POUCH(THIRD FIELD)

ショルダー式のスマートフォンポーチ。

① スタンド機能
背面下部からスタンドが出てくるので、前底面の小型ポケットを利用して、スマートフォンを立てかけて置くことが可能。

② スマートフォンを2機収納可能。
同じ大きさのメインポケットが2つあるので、6.5インチまでの2台のスマートフォンを収納することができる。

他にカードポケットなどもあるので、これだけで外出することもできそうだ。

STAND DOCUMENT BAG

STAND DOCUMENT BAG(THIRD FIELD)

立てかけて使えるドキュメントバッグ。

① スタンド機能
表紙カバーを裏側にまわし、組み立てることでスタンドになる。
立てて書類を見ることができるだけでなく。大きく開くので中身を確認しやすい。

② ポケット付き
封筒や小さな書類を収納できる、ポケット付き。

まとめ

THIRD FIELDシリーズの特徴は、ほとんどの製品にスタンド機能、立てて使える機能があるということ。
作業の横に立てておけば、スマートフォンや書類を見やすい、周辺機器を取り出しやすいという利点がある。

だけでなく、常に視野に入っていることで、セキュリティー的にも安心だ。
バッグなどの置き場所に困り、イスの背もたれに掛けたり足元に置いたりしていると、作業に熱中するあまり気がつけば盗まれていた、ということもあるかもしれない。
特にガジェット類には、個人情報や秘匿性の高いデータや入っている。
常に視野に、手の届くところに置いておくことが重要だ。

そんな意味でも、THIRD FIELDシリーズの有効性は高いといえるだろう。


こちらの投稿もいかがですか

iPad miniを外出用にしたことで、カバンの中身が大幅に変更されることになった。 自分自身の記録の意味も含めて、ブログに書いておこ...
スポンサーリンク