幻の赤いiPhoneを手に入れる最後のチャンス!? mineoがSIMフリーiPhoneを発売


2018年1月18日、ケイ・オプティコムはMVNOブランド「mineo(マイネオ)」でのiPhone 7/7Plusの取り扱いを発表した。
発売は2018年2月15日から。

スポンサーリンク

iPhone 7 レッドもラインナップ!

取扱機種は、

  • iPhone 7 128GB レッド
  • iPhone 7 256GB シルバー
  • iPhone 7 256GB ローズゴールド
  • iPhone 7Plus 128GB レッド
  • iPhone 7Plus 256GB ブラック

 
の5機種。

注目すべきは、すべてAppleでは販売終了になっているモデルであること。

現在(2018/1)Appleで販売されているiPhone 7/7Plusのストレージは、32GBと128GBのみ。
レッドも限定カラーであったため、すでに販売を終了している。
どちらのモデルも、今となってはここでしか入手できないものばかりだ。

特にレッドは、iPhone 8やXでもラインナップされていない。
手に入れる最後のチャンスになるかもしれない。

ただし、やや割高…

現在Appleでは、iPhone 7 SIMフリーモデル128GBが¥72,800円(税別)で販売されている。
一方、今回発表されたmineoのiPhone 7 SIMフリーモデル128GBは78,000円(税別)。

iPhone 7PlusもAppleは85,800円(税別)、mineoは89,400円(税別)と、多少割高になっている。

ただし、前述のように5機種ともAppleでは販売終了になっているモデルばかりだ。
この価格差をどう見るかは、購入者しだいだろう。

まとめ

ケイ・オプティコムの説明によると、販売される機種は日本国内のメーカー認定ルートから調達したものという。
当初の販売台数は数百台レベルになりそうだが、可能なかぎり調達は続けてニーズに答えていきたいということだ。

とはいえ、すでにApple自体が生産を終了している機種が、大量に調達可能とは考えにくい。
購入を考えている人は、少しでも早い方が良さそうだ。

詳しくはこちらから。

スポンサーリンク