無印良品の「荷物の量で広げられるボストンバッグ」と「荷物の量で広げられるトートバッグ」はキャリーバッグの相棒!?

外出先で急に荷物が増えることがある。
思わぬ買い物をしてしまった時や、寒いと思って上着を着ていったが、予想より温かく脱いだ上着を持ち歩く時など…

そんな状況に応じて収納量を増やせるバッグがある。
無印良品の「荷物の量で広げられるボストンバッグ」と「荷物の量で広げられるトートバッグ」だ。

スポンサーリンク

荷物の量で広げられるボストンバッグ


https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738865100?searchno=4


ジッパーで口が、ガマ口のように大きく開くボストンバッグ。
底は2重になっているので、底部側面のジッパーを外すことで収納部分の容量が増す。

取外し可能なストラップが付いているから、手持ちとショルダーの2WAYで使用できる。
サイドにキャリーバッグのハンドルに通すベルトが付いていて、キャリーバッグと組み合わせて使うことも可能だ。

素材は撥水加工されたポリエステル100%。
通常時の大きさは約335×400×230mm、重さは約920g。
カラーは黒とネイビーの2色で、価格は4,990円(税込)。
11月下旬発売予定で、現在予約受付中だ。

荷物の量で広げられるトートバッグ


https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002173074?searchno=1


デザインはオーソドックスなトートバッグ。
持ち手は長めにとられているから、女性なら肩掛けで持つこともできそうだ。
口にはジッパーが付いていてフタをすることができるので、不用意に中身を落としてしまうことがない。
サイドにキャリーバッグのハンドルに通すベルトが付いていて、キャリーバッグと組み合わせて使うことも可能。

側面と底面にU字型に走っっているジッパーを開くことで、マチを広げることができる。
これにより口の大きさは変わらないが、底面に向かって大きくなっていくことで容量を確保している。

素材は撥水加工したポリエステル100%。
通常時の大きさは約290×370×100mm、重さは約290g。
カラーは黒とネイビーの2色で、価格は2,990円(税込)。
こちらも11月下旬発売予定で、現在予約受付中だ。

まとめ

素材やカラーバリエーションから、先日このブログでも紹介した「半分の厚みで収納できるソフトキャリー」と組み合わせて使うことを想定した製品であることが分かる。

使わない時に真価を発揮する!? 無印良品の「半分の厚みで収納できるソフトキャリー」

もちろん同社の「キャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリー」や他社のキャリーバッグで使うことも可能だ。

むしろ単品でふだん使いでも、その機能を発揮してくれそうだ。
そういう意味では、もっとカラーバリエーションがあっても良いような気がするが、無印良品のバッグは黒とネイビーが基本色になっているようだ。

スポンサーリンク