バートン スリーパーフーディーの後継着!? BASE CONTROLのダンボールZIPパーカーを購入

お気に入りのバートン スリーパーフーディー。

お気に入りだったことに加えて、汎用性が高く機能性にも富んでいたので、本来の目的である移動中だけでなく、外出着に部屋着にと大活躍してくれていた。

そのせいもあってか生地にコシがなくなり、よく見るとヒジや脇などの擦れるところに、小さな毛玉ができていた。
購入は2年半くらい前で、真夏以外はヘビーローテーションで着用していたので当然かもしれない。

さすがにオッサンがくたびれたスウェットパーカーを着ていてもサマにならないので、後継着(?)を購入することにした。
BASE CONTROLのダンボールZIPパーカーだ。

バートン スリーパーフーディーは機能性抜群で、ふだん使いとしても活躍しそうだ

スポンサーリンク

ダンボール生地とは

今回購入したダンボールZIPパーカーは、その名のとおり、ふつうのスウェット生地ではなくダンボール生地が使われている。

ダンボール生地とは、これもその名のとおり、段ボールのように裏表2枚の生地をつなぎ合わせた(ニット)生地だ。

段ボールのように間に空間があるので、空気の層ができることで保温性が高く、軽く柔らかい上にしっかりとコシがあることを特徴としている。

BASE CONTROL ダンボールZIPパーカー

デザインはフードがスタンドタイプになった、オーソドックスなジップパーカー。

生地はポリエステル57%・コットン43%なので、ポリエステル40%・コットン60%のバートン スリーパーフーディーよりしっかりした感じだ。

フロントは止水仕様のダブルジッパー

信頼と実績のYKK製だ。

左胸外側にもYKK製止水ジッパー仕様のポケットがある。

ジッパーはすべて止水になっているが、生地自体に撥水・防水機能はなさそうなので、あくまでデザイン上の仕様と考えるべきだろう…

フードのドローコードはゴム製で、ストッパーで留める仕様になっている。

まとめ

各所にジッパー付きのポケットがあったバートン スリーパーフーディーと比べ、BASE CONTROL ダンボールZIPパーカーは胸の一箇所のみ。
もちろんフード内の目隠しシールドや、首部分のネックピローもない。
したがって移動時のリラックスウェアはバートン スリーパーフーディーの方が有利ではあるが、ふだん着のジップパーカーとしてはこれで充分かもしれない。

また、ストリートブランド故にバートン スリーパーフーディーはXSでもオーバーサイズだったのが、BASE CONTROLは日本ブランドなので絶妙なサイジングだ。
そして何よりも、ストッパー付きのフードコードや止水ファスナーのデザインは、サイバーでカッコイイ!
スウェットパーカーはハッカーのユニホームだからね…

これは、バートン スリーパーフーディーの後継着(?)にふさわしい一着になりそうだ。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ