ディフォルトより優秀!? 使えるiPhoneのカメラアプリ3選

iOS_CameraApplication
ハード面は新型が出るたびに、ソフト面は新iOSがリリースされるにつれ強化されてきたiPhoneのカメラ機能。
最近はディフォルトでもふつうのコンパクトデジタルカメラと同等か、それ以上の写真が撮れるようになった。

しかし、それでも僕たちの欲望は果てしなく、それ以上の性能を求めてしまう。
iPhoneのディフォルトカメラアプリにはない機能を持った、僕が使っているサードパーティ製のカメラアプリをご紹介しよう。

スポンサーリンク

Manual

Manual_a

Manualの魅力は、一眼レフカメラなみの設定の細かさだ。
ホワイトバランスや露出はもちろん、ISO感度やシャッタースピードまで調整できるので、ディフォルトのカメラアプリでは撮れない写真を撮ることができる。

ただし、設定などの表記がすべて英語なので分かりにくいところもある。
またSoundsのオン/オフの設定があるが、日本国内の端末ではオフにしてもシャッター音が鳴るので注意が必要だ。

ManualManual – Custom exposure camera – Will Global

Camera+

Camera+_a

Manualと双璧をなすカメラアプリが、Camera+だ。
僕の知人にも愛用者が多い。

以前のバージョンではボリュームボタンでシャッターが切れたり(後に解禁)、裏コードを入力するとシャッター音を消せたりと、いろんなことに挑戦してはAppleからペナルティを受け販売中止になっていた。
それでも人気が衰えないのは、このアプリの機能性がユーザーに認められているということだろう。

こちらにもサウンドのオン/オフの設定があるが、日本国内の端末では機能しない…

Camera+Camera+ – tap tap tap

OneCam

OneCam_a

OneCamの利点は、なんといっても静音機能があること。
iPhoneをミュートにしておけば、シャッター音がほとんど聞こえない。

また3D Touchにも対応し、アイコンを強押しして[起動時に写真を撮る]を選択すれば、アプリ起動と同時にシャッターが切られ、最速で撮影することもできる(僕は5sなので、この機能は使えない…)。

テーマをブラックとクリーム色の2色から選べるのも魅力のひとつだ。
ボディのカラーに合わせて選んでみてはどうだろうか。

OneCamOneCam 高画質マナー 〜フリックで簡単シェア〜 – Walker Software

まとめ

いずれも細かい設定ができるアプリなのだが、正直僕のカメラテクニックでは使いこなせてるとはいえない…
ただ、そんなテクニックのなさを補ってくれるのも、優れたサードパーティ製アプリを使う理由のひとつでもある。

ちなみに僕は、ふだんはOneCamを(シャッター音が鳴らない!)、チョット凝った写真を撮りたい時はManualを使っている。
Camera+は使わなくなって削除してしまった…

すべてのアプリが、240〜360円と有料だ。
しかし機能的には値段以上のものが得られるので、買っても損はないだろう。
それで今まで以上の撮影を楽しめるのなら、けっして高価ではないはずだ。

それでも支払いたくない、というのであれば、無料サービスを待つのも手かもしれない。
有料のカメラアプリが「今週のApp」の対象になり、無料で入手できる可能性もある。

知ってお得な常識ワザ! App Storeで有料のiPhoneアプリを無料で正規に入手する方法
App Storeに、有料のアプリを無料でダウンロードできるコーナーがあるのをご存知だろうか。 App Storeトップページの「今週...
数あるアプリの中で、希望のアプリが対象になるのは、いつのことか分からないけど…


こちらの投稿もいかがですか…
http://re-cyberrat.info/iphone_shuttersound

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ