MA-1は、ほんとうに流行っているのか !?【追記あり】

MA1_141213b
ファッション系の雑誌やウェブサイトで、よくMA-1ジャケットの特集を見かける。
去年の冬あたりからチラホラ見かけていたんだけど、今年は特に多いようだ。

実は僕もかつては、色違いで数枚のMA-1を所有していた。
今は全て手放してしまったけど…

スポンサーリンク

MA-1とは

フライトジャケットの一種である。アメリカ軍における軍用品規格番号はMIL-J-8279からMIL-J-8279Gまでの八つ。アルファ社製のものが広く流通しているが、他にスカイラインクロージング社等の軍納入業者の物が確認されている。
1950年代初頭に、先行するB-15型の後継としてアメリカ空軍が開発したのが、このMA-1型である。狭い軍用機内で様々な機材や機器にひっかからないよう、極めてシンプルな外見を与えられている。内側はオレンジになっている一方、外側はセージ・グリーンというくすんだ緑になっている。当初はミッドナイト・ブルーであったが、朝鮮戦争などを経て、地上でのカモフラージュになりやすい緑に落ち着いた。MA-1型はインターミディエイトゾーン用、すなわち10℃から-10℃の気温で着用される。フライトジャケットだがグランドクルーの防寒用ジャンパーとしても使用された模様である。[wikipedia]

MA-1が登場する映像作品

有名なところでは、スティーブ・マックイーンの遺作「ハンター」。
MA1_141213c
バウンティハンター(商品稼ぎ)役のマックイーンが、MA-1にLeeRIDERS、asics(当時はオニツカタイガー?)のスニーカーを履いて賞金首を追いかけるアクション映画だ。

そして、松田優作の唯一の監督作品「ア・ホーマンス」。
MA1_141213d
松田優作はTVドラマ「探偵物語」の最終回でもMA-1を着ている。
丈の短いMA-1は、足の長い松田優作によく似合っている。
オフショットでもMA-1を着ているものが多いから、けっこうお気に入りだったんじゃないかな…

女の子だってMA-1を着る

女の子が着ているMA-1といえば、映画「レオン」でヒロインのマチルダを演じるナタリー・ポートマン。
MA1_141213e
きれいなショートボブにスレンダーな身体、少女と女性の間の微妙な瞬間を描くのに、ボーイッシュなMA-1は良い小道具になっている。
映画ではショートパンツや(マイクロ?)ミニスカートを合わせていた。

最近ではエヴァンゲリオンの式波・アスカ・ラングレーモデルが発売されている。

MA1_141213f

こうしてみると、MA-1は女の子が着てもカワイイね。

【追記】

女の子MA-1の決定版が出た!
水原希子は、まるで成長したレオンのマチルダみたいで、メチャカッコイイ!
必見だ!


まとめ

メディアで取りあげられている割には、あまり街で着ている人を見かけない。
デニムジャケット(Gジャン)もそうだけど、ショート丈のアウターは、ボトムスとのバランスが難しいからね。
個人的には、かつてのスキンヘッズやパンクのようにスリムのパンツと合わせるのがカッコイイかな…

そういう意味では、女の子のほうがイイのかも。
マチルダのようにショートパンツやミニスカートを、少し大きめのMA-1と合わせすとけっこうカワイイ。
イラストのアスカのように、ビビットなカラーのスリムのパンツに合わせるのもイイね。

最近は街着に適したタイトモデルや、赤や黄色などのカラフルなモデルも発売されている。
あまり見かけない分バッテングする可能性も少ないし、上手く着こなせばカッコイイMA-1は、実は狙い目のアイテムかも知れない…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ