遂に降臨!! Amazon Fire HD 10に搭載されたAlexaの設定方法と使い方


すでに米国ではサービスが開始されていたAmazon FireシリーズのAlexa機能が、やっと日本でも使用可能になった。
当初、2019年3月末のアップデートで使用できるとアナウンスされていたが、約1週間遅れでの配信となったようだ。

スポンサーリンク

「ハンズフリーモード」と「Showモード」

Fire HD 10のAlexaを有効にすることで、ハンズフリーモードShowモードの使用が可能になる。

ハンズフリーモードはオンにすることで、通常はホームボタン長押しでAlexaが起動するのだが、ウェイクワードで呼びかけるだけでAlexaを起動することができる。

Showモードをオンにすると、ディスプレイ上に天気予報やニュースなど設定した情報が表示される。
つまりFire HD 10をEcho ShowやEcho Spotと同じ、スマートスピーカーとして使うことができる機能だ。

Fire OSをアップデートする

AlexaはFire OS 5.6.4.0から使用可能のようだ。
通常Fire OSは、一定条件(通信状態・バッテリー残量など)のもと、最新のOSを自動的にダウンロード・インストールし、アップデートされる。
しかし条件が合わなければ、自動的にアップデートされない。

そんな時は、[設定]>[端末オプション]>[システムアップデート]で、[アップデート]の[今すぐチェック]をタップし、アップデートを確認する。

アップデートがあれば、ダウンロードが始まる。

ダウンロードが終わったら、[アップデート]をタップ。

今回、インストールから再起動までに10〜15分程度かかった。

再起動すると、AlexaのShowモードのツアーガイドが始まる。

ツアーガイドが終わるとAlexaの使用を確認されるので、もちろん[Alexaを有効にする]を選択。

これは後から[設定]でも変更可能だ。

次に子供向けの設定の確認。
どちらかを選んで[続行]をタップ。

この後、設定の最適化が終わると、いよいよAlexaが使用可能になる。

[設定]に今まではなかった[Showモード]と[Alexa]の項目が増えている。

Alexaの設定

  • Alexa
    Fire HD 10のAlexa機能のオン/オフ
  • アクセス制限
    写真や映画の予告編、年齢制限が必要と思われるコンテンツなどの検索を制限する
  • ハンズフリーモード
    オンにすれば、声だけでAlexaを起動することができる
  • ウェイクワード
    Alexaを起動するキーワード [Alexa]と[Amazon]から選択
  • ロック画面でのハンズフリーアクセス
    パスワードで管理されたロック画面での、ハンズフリーモードのオン/オフ
  • 信頼できるネットワーク
    ネットワークを登録しておくことでAlexaのすべての機能にパスワードなしでアクセスできる
  • タブレットESPの動作
    オンにすると、同じウェイクワードのAlexa端末(Echoシリーズなど)が複数台ある場合、Fire HD 10より他の端末が優先される
  • 通信
    コール・メッセージ・呼びかけのオン/オフ

Showモードの設定

  • ホーム画面
    Showモード時の壁紙や表示される情報の設定
  • ディスプレイ
    スライドショーの設定やアンビエントクロック(スリープ時の時計表示)の設定
  • 端末オプション
    ウェブビデオのキャッシュ・Cookieの消去(詳細不明…)
  • 自動モード切り替え
    ドック(日本未発売)に接続時、自動的にShowモードになる

    これは日本でも使いたい! 「Show Mode」でAmazon FireがEcho Showになる!?

  • ユーザー補助
    Alexaのキャプション(説明文字)のサイズ・色、音声テキスト変換などの設定
  • ヘルプ
    Showモードの説明
  • Alexaの設定
    上記、Alexaの設定と同じ

ハンズフリーモードとShowモードの使い方

ハンズフリーモードの使い方は簡単。
[Alexaの設定]で、[Alexa]と[ハンズフリーモード]をオンにするだけだ。
これでFire HD 10がスリープ状態でも、ウェイクワードで呼びかけるだけでAlexaが起動する。
Echoシリーズと同じ使い方だ。

Showモードのオン/オフの方法は、現時点で日本では2つ。
ディスプレイを上から下へスワイプした時に表示されるコントロールセンター(?)を使う方法と、

▲ ハンズフリーモードもココでオン/オフできる。

「Showモードのオン(オフ)」などと、音声でAlexaに指示する方法だ。

もう一つ、ドックを使う方法があるが、現時点では日本未発売なので使えない…

まとめ

米国ではFire HD 8でも同様の機能が使えるが、(投稿時点で)日本で使用できるのは、2017年にリリースされたFire HD 10(第7世代)のみ。

ウェイクワードが “Alexa” と “Amazon” のみというのも残念。
僕はEcho Spotのウェイクワードを “Echo” にしているので、できれば “Fire” が欲しい(Fireは認識しにくいか…)。

また、Showモードはドックと組み合わせて、その機能を十全に発揮できるので、日本でも早急に販売を開始して欲しいところだ。

とはいえ、ようやく日本でもFireでAlexaが使用になったことは、Fireユーザーにとって喜ばしいことに違いはない。


こちらの投稿もいかがですか

2018年4月23日から25日にかけて開催されていたAmazonタイムセール祭り。 先日(2018年3月5日)に値下げされたFire ...
スポンサーリンク