GUのラウンドボディバッグで、iPad+ロジクール SLIM FOLIO iK1053を持ち運ぶ


先日購入したiPadとロジクール SLIM FOLIO iK1053。

Amazonで予約購入した新型iPad miniが届かないので、キャンセルしてiPadを購入したら、これで十分だった

ロジクール SLIM FOLIO iK1053 Bluetoothキーボード一体型ケースとCrayonのコンビネーションが最高!!【追記あり】

主に外出時に使うつもりなので、バッグに入れて持ち運ぶ必要がある。

ユニクロのバックパックや、Amazonベーシックのラップトップバッグでも良いのだが、これでは少し大きい。
iPadとロジクール SLIM FOLIO iK1053にちょうど良い大きさの、手ごろなバッグはないかと探していたらあった。
先日リリースされたGUのラウンドボディバッグだ。

スポンサーリンク

GU ラウンドボディバッグ


全体的な形は、グレゴリーのテールメイトSに似ている。

グレゴリー テールメイトSが知らない間に進化していた

カタログ上のサイズは、GU ラウンドボディバッグが410×180×75mm、グレゴリー テールメイトSが390×160×120mm
GUの方が縦横が少し大きく、グレゴリーの方が厚みがあるといったところか。

背面も同素材で、テールメイトのような滑り止めの樹脂加工はされていない。

しかし、薄くクッションのような緩衝材が入っているようだ。

メインコンパートメント内の背面全体に内ポケットがある。

いつもの(?)コーデュラポリエステル製。

内側の縫い合わせ部分は、すべてカバーされている。

使っているうちに、ほつれた生地で中がグチャグチャという心配もない。

ジッパーにはアウトドア調のジッパータブ。

ジッパーはYKKなどのブランド製ではなく、無名の(?)ローカルジッパー。

コイルジッパーなので、取り扱いは悪くない。

ベルトにはD型の持ち手があり、ベルトの長さ調整が簡単にできる。

背負った状態で引っ張れば、バッグを身体にフィットさせることが可能だ。

テールメイトなどとは逆に、メインコンパートメントのフタが前面から背面に向かって覆う形になっている。

ボディバッグとして使うには、片掛けした状態で前に持ってきて開け閉めするには、この方向が適していそうだ。
ただし、雨などが侵入しそうで少し心配…

まとめ


▲ iPadとロジクール SLIM FOLIO iK1053がCrayonを装着したまま、ほぼジャストサイズで入る。

決して高級感があるとはいえないが、素材や縫製など十分な性能を備えている。
これで約2,000円(購入時)だから、相変わらずのコストパフォーマンスといって良いだろう。

あとは、いつものように簡単なカスタマイズをして、中に入れるものを厳選したいと思う。


こちらの投稿もいかがですか

レビューのために購入したユニクロのバックパック。 とても良くできていて、相変わらずのコストパフォーマンスだ。 レビュー! ユニク...
スポンサーリンク