HEICって何!? 変換方法とJPEG形式で撮影する方法!


先日、いつものようにブログ用の素材をiPhoneで撮影して、アプリで加工しようとしたらできない。
よく見ると拡張子が “.JPG” ではなく “.HEIC” になっている。

“.HEIC” とは何か、 “.JPG” に変換できるのか、iPhoneで “.JPG” 撮影できないのか…
調べたら方法はあるようだ。
備忘録として記録しておこう。

スポンサーリンク

.HEICとは

iOS11とmacOS High Sierraで採用された、iPhone画像の標準フォーマット。
HEICは “High Efficiency Image File Format” の略で、“高効率画像ファイル形式” というくらいの意味か。

その名のとおり、最大圧縮率が “.JPG” の約2倍といわれている。
つまり同一ストレージで同一レベルの画像を、約2倍保存できるということ。
microSDカードなどでストレージを拡張できないiPhoneには、うってつけのファイル形式のようだ。

“.JPG” に変換する方法

とはいえApple専用のファイル形式なので、汎用性が低い。
Windowsでは開かないようだ。
“.JPG” に変換する方法はないのか、調べてみるとあった。
“.HEIC” を “.JPG” に変換するアプリだ。

以下をクリックし、macにインストール。

HEIC Converterを起動したら、[インストール]をクリックし変換したい画像ファイルを選択。

画像ファイルが表示されたら、[変換を開始]をクリック。

[Keep Exif data]のチェックを外すと、Exif dataが削除されるようだ。

すぐに変換が始まる。

変換された。

iPhoneで “.JPG” 撮影する方法

ではiPhoneで、もう “.JPG” 撮影できないのか、というとそんなことはない。

[設定]で[カメラ]を選択。

[フォーマット]を選択。

[互換性優先]にチェック。

これで画像ファイルは “.JPG” になる(はず…)。

まとめ

高品質・低容量などで、様々なファイル形式がある。
しかし画像ファイルは “.JPG”、動画ファイルは “.MP4”、音楽・音声ファイルは “.MP3” が、汎用性も高く扱いやすいと思ってしまう、僕は昭和生まれだ。


こちらの投稿もいかがですか

iOS8.4でApple Music機能が追加されたミュージックアプリ、iOS12.3ではビデオアプリがApple TVアプリに変わった...
スポンサーリンク