新機能満載! 新型iPad mini(第6世代)は買いか否か!?


2021年9月15日深夜(日本時間)に行われたAppleの新製品発表会。
大方の予想どおりiPhone 13シリーズやiPad mini(第6世代)、Apple Watch Series 7が発表された。

僕の注目は何といっても、初代以来愛用しているiPad mini(第6世代)。
事前リークのように、前モデルのiPad mini(第5世代)とは別物といって良いレベルに仕上がっている。

iPad Pro mini!? 次期 iPad mini の噂まとめ

スポンサーリンク

新型iPad mini(第6世代)の新機能

全面ディスプレイ

ホームボタンを廃してベゼルが細くなり、ほぼ全面ディスプレイになっている。
筐体のサイズはほとんど変わらないので、ディスプレイサイズも7.9インチから8.3インチに拡大。

今回、見た目でもっとも大きな変更点といって良いだろう。

Touch ID搭載電源ボタン

ホームボタンが廃されたことで、指紋認証は電源ボタンに移された。
電源をいれると同時に指紋が認証されるので、利便性は向上している。

USB Type-C

iPad proやAirのように、充電・接続端子がLightningからUSB Type-Cに変更。
サードパーティー製が使えそうなので、メモリカードリーダーなどアクセサリの選択肢が広がりそうだ。

ステレオスピーカー

iPad mini(第5世代)は片方の短辺のみに、ステレオスピーカーは搭載されていた。
したがってステレオ音声は、タテ使いでしか機能しなかった。

iPad mini(第6世代)は両短辺にスピーカーが配置されているので、ヨコ使いでもステレオ音声を楽しむことができる。

A15 Bionic

iPhone 13シリーズと同じ、最新のA15 Bionicが搭載されている。
これにより最大40%速いパフォーマンスと、最大80%速いグラフィックス性能を実現。

もうこれ以上は必要ないかもしれない…

その他

  • 第2世代Apple Pencil対応
  • フラッシュ付カメラ性能の向上
  • 5G通信対応(Cellularモデル)
  • Wi-Fi 6対応

など

新型iPad mini(第6世代)は買いか否か!?

結論からいうと、買って損のないガジェットだといって良さそうだ。
拡大されたディスプレイとUSB Type-Cだけでも、これまでのiPad miniとは別物といえる機能だ。
iPad miniを使ったことがない人はもちろん、既存のユーザーも買い替えを検討できるレベルだ。

しかもWi-Fiの64GBモデルなら、59,800円で購入することができる。
iPhoneが10万円クラスになった今、電話以外はほぼ同等の機能を持った端末が6万円というのは、決して高価ではないと思う。

まとめ

とはいえ、僕はすぐには買わない。

確かに拡大されたディスプレイやUSB Type-Cは魅力的だ。
しかし現在愛用しているiPad mini(第5世代)には、まったく不満がない。
すぐに買い換える理由がない。

慌てる必要は何もない。
Amazonのセール、サイバーマンデーとかで値引きされれば(5,000円OFFくらい?)買おうか…


こちらの投稿もいかがですか

以前、僕がもっとも使用頻度が高いガジェットは、Amazon Fire HD 10ということはこのブログに書いた。 ▷ 個人的に最も...
スポンサーリンク