買い替えのチャンス!? 新型Kindle Paperwhite登場!


iPhone 13シリーズやiPad mini(第6世代)など、Appleの新製品が話題を呼んでいる裏で、Amazonも新製品を発表した。
新型Kindle Paperwhiteだ。

スポンサーリンク

新型Kindle Paperwhite(第11世代)の新機能

  • ディスプレイが6インチから6.8インチに
  • ページ送りが20%早く、ディスプレイは10%明るく
  • 色調調節ライトを搭載
  • 充電端子がmicroUSBからUSB-Cに

新機能ではないが、前モデルからIPX8等級も搭載している。

ディスプレイが大型化されたことは喜ばしいが、本体サイズも167x116x8.18mmから、174x125x8.1mmにやや大型化されているのは残念。
重さも182gから205gと、重くなっている。

しかし何よりうれしいのは、充電端子がUSB-Cになったこと。
ほとんどのガジェット類の充電端子がmicroUSBからUSB-Cになっている。
個人的にもKindle Paperwhiteは、残り少ないmicroUSB充電端子のがジェットだった。
それだけでも買い換える価値はあるのかもしれない。

価格は14,980円から。
2021年10月27日発売予定で、現在予約受付中だ。

上位機種 Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

新型Kindle Paperwhiteに上記の新機能に加え、さらに機能をプラスした上位機種、シグニチャー エディションが同時に発表されている。

  • 32GBの大容量
  • 明るさ自動調整機能
  • ワイヤレス充電対応

などが追加機能だ。

ワイヤレス充電にはMade for Amazon認定取得済みの、我らがAnker製Kindle Paperwhite シグニチャーエディション専用ワイヤレス充電スタンドが用意されている。

シグニチャー エディションは19,980円。
2021年11月10日発売予定で、現在予約受付中。

シグニチャーエディション専用ワイヤレス充電スタンドは3,480円。
2021年12月1日発売予定で、現在予約受付中。

1,000円お得な、シグニチャー エディションと専用ワイヤレス充電スタンドのセットもある。

まとめ

結論からいうと、僕は今回購入を見送った。
USB-Cは魅力的ではあるが、やはり重さが気になる。
長ければ数時間手に持っている端末だけに23gの差は小さくない。

防水性能もカラスの行水、浴室で読書する習慣がない僕には必要ない。

やはり、バックライトが搭載された無印Kindleが、USB-Cになるのを待って買い換えることにしよう。
それまでは、現在愛用中のKindle Paperwhite(第7世代)にがんばってもらおう。
Kindleシリーズは3年ごとにリニューアルされるから、来年にはUSB-C搭載無印Kindleがリリースされるかも…


こちらの投稿もいかがですか

最近は書籍を購入するなら電子書籍(Kindle)と決めている。 いくらでも持ち運ぶことができるので便利だが、そればかりではない。 メ...
スポンサーリンク