米国Amazon.comでMAGPULのジェネリック(?)、「LABILUS iPhoneケース」購入!


日本でAmazonを利用するならAmazon.co.jpだ。
僕も利用している。

しかし時々米国のAmazon、Amazon.comをのぞく。
思わぬ掘り出しものを発見することがあるからだ。
もちろんAmazon.comは日本からも利用できる。

今回はAmazon.comでiPhoneケースを購入した。
「LABILUS iPhoneケース」だ。

スポンサーリンク

Amazon.comのメリット・デメリット

Amazon.comを利用するにあたって、注意点ともいうべきメリット・デメリットがある。

メリット

  • 日本で販売されていないものがある
  • 日本で買うより安い場合がある


メリットは何といっても、日本で販売されていないものがあることだ。
特にガジェット類などは、日本で見たこともないものも少なくない。
見ているだけでも楽しい。

また、日本で販売されているものでも、日本で買うより安い場合もある。
よく比べて、お得な方を購入すれば良いだろう。

デメリット

  • 送料が掛かる
  • 到着まで時間が掛かる
  • すべて購入できるわけではない
  • 返品が面倒


デメリットも少なくない。

まず送料が掛かる。
これは到着までの時間差によって、金額が変わってくる。
だいたい、早・中・遅の3段階くらいあり、当然早くなるほど金額が高い。
僕はいつも、一番安い遅で注文する。
今回の場合、1月17日に注文し、1月29日に到着した。
遅でも、だいたい2週間程度で到着するようだ。

また、すべての商品を日本に発送してくれるわけではない。
例えばFireやEchoなどのAmazon製品も、日本には発送してくれない。
それは日本で買え、というわけだ。

もし商品に不具合があった場合、当然米国に発送しなければならない。
その前にAmazon.comに申請する必要がある。
当然英語だ。
僕は今まで不良品に当たったことはないが、面倒な手続きを考えると泣き寝入りする覚悟が必要かもしれない。

LABILUS iPhoneケース

今回は、こんなプチプチ付き専用袋で送られてきた(すでに開封済み)。

中のパッケージ。

内容はディスプレイ保護フィルムとクリーナー、そして本体。

本体はMAGPULにそっくりだ。

本体素材はTPU(熱可塑性ポリウレタン)を使っているという。
MAGPULはTPE(熱可塑性エラストマー)。
似ているが別の素材で、ある程度の高温にも強いTPEに対し、TPUは熱に弱い性質がある。
また紫外線にも弱く、屋外で使用すると黄ばむ危険性もある。
やはり、性能はMAGPULの方が高いようだ。

iPhone 7のケースを「magpul Field Case」に新調する

MAGPULとは逆に、本体下部に刻印がある。

内側の素材もMAGPULに似ている。

iPhone SE(第2世代)を装着したところ。

装着感はMAGPULよりキツい。
その分、しっかりとフォールドしてくれる。

カメラ部分の穴は適切な大きさ、スイッチ類のタッチ感も軽い。

Lightning端子やスピーカー穴。

Lightning端子穴は深さ大きさの具合から、iWALKバッテリーは使えない…

USB Type-CでiPhoneが充電できる!? 「iWALK 超小型モバイルバッテリー」

1mm程度カバーが出っ張っているので、画面を伏せておいてもディスプレイを傷つけることはない。

まとめ


LABILUS iPhoneケースは日本のAmazon、Amazon.co.jpでみつけることができなかった。

Amazon.comで2,000円強(送料込)。
MAGPULはAmazon.comで約2,500円、Amazon.co.jpで約3,000円だから、少し安い。

性能はやはりMAGPULの方が高いようだが、しばらくはこれを使ってみる。
iPhoneケースとして使うには、ふつうに十分なはずだ。


こちらの投稿もいかがですか

僕のiPhone 7 ケースが迷走している。 購入以来、長らくApple純正のシリコンケースを使っていた。 やはり純正が一番!?...
スポンサーリンク