高城剛オリジナルショップ「THIS IS NOT A STORE」オープン!

https://twitter.com/takashiro818

かねてより高城剛氏のメールマガジン「高城未来研究所『Future Report』」で予告されていた、高城剛氏のオリジナルショップ(?)「THIS IS NOT A STORE」がオープンした。
コンセプト “Amazonで買えないものを、Amazon Payで買う” のとおり、購入にはクレジットカードやPayPalなどではなく、Amazon Payを使う。
ただし、当面はサイトに入るのにパスワードが必要で、メールマガジン読者にのみ通知されている。
“今月のパスワード” とされていることから、パスワードは定期的(月毎?)に変更されるのかもしれない。

スポンサーリンク

第1弾はバックパック


「THIS IS NOT A STORE」のオリジナル第1弾はバックパックだ。
世界を飛びまわる(?)高城剛氏の意にかなう、軽量で頑丈なバックパックがない、ということで企画されたという。

素材は、防爆シートや防刃ベストなどにも使われている “超高分子量ポリエチレンファイバー(UHMW-PE)”。
同じサイズのバックパックと比べ、半分の重さで倍の強度を誇る。
デザイン自体は、スタンダードな2コンパートメントのティアドロップ型のデイパックタイプ。

しかし一番の特徴は、ユーザー個々人の体型に合わせてカスタムできること。
シャツやジャケットのように、身体に密着するバックパックにも体型に合わせてサイズがあるべき、という考えだ。
購入したバックパックを持って、都内某所(場所は購入者にのみ知らされる?)にある「THIS IS NOT A STORE」の実店舗(?)で体型を計測した後、ユーザーに合わせた “その人だけのバックパック” を作りあげるという。
セミオーダー的なバックパックといって良さそうだ。

第1弾はバックパックだったが、「THIS IS NOT A STORE」のトップページでは、他にも(おそらく同素材の?)ボストンバッグやサコッシュのようなものもみえる。
今後の展開にも期待を持てそうだ。

まとめ

今回この投稿をするかどうか、少し迷った。
現時点ではメールマガジン読者限定のサービスなので、この内容を一般にオープンしても良いのかどうか、分からなかったからだ。

しかし、「THIS IS NOT A STORE」の存在はURLも含めて高城未来研究所のオフィシャルTwitterで紹介されているし、バックパックの画像も断片的ではあるが同じくInstagramで公開されている。
これらはメールマガジン読者だけでなく、誰でも見ることができる。

そういうところから、ある程度は公開してもかまわないだろう、という判断から投稿することにした。

スポンサーリンク